生体試料: 生体試料について

TriStar Technology Groupの腫瘍組織FFPEブロック、組織マイクロアレイ

TriStar Technology Group LLC
TriStar Technology Groupの腫瘍組織FFPEブロック、組織マイクロアレイ

TriStar Technology Group LLC は、ワシントンDCに本社を構える2003年創業の生体試料サプライヤーです。腫瘍組織のFFPE検体 (ブロック、組織マイクロアレイ) を中心に提供しております。検体採取は、イタリア、ドイツ、英国、フランス、韓国の提携医療機関より入手しており、FFPE検体に加えて臨床情報、がん関連遺伝子変異情報の提供が可能です。

特長

  • 腫瘍組織由来FFPE製品に特化
  • 臨床情報 (追跡情報)、がん遺伝子変異情報が入手可能
  • FFPEと血漿・血清のセット品の入手が可能 (一部検体)
  • 250万個以上のFFPE検体にアクセス可能
  • 豊富なFFPE組織マイクロアレイ (TMA) を作成
  • TMAを用い、スクリーニング、染色のサービスも提供
  • ISO9001認証の品質マネジメントシステムにて運用

FFPEブロックについて

  • 発注後に候補検体のHE染色画像の確認、選択が可能
  • 疾患関連変異、マーカー陽性などの情報あり
  • 境界での浸潤がん存在の有無を選択可能
  • がん浸潤リンパ球の評価あり (低、中、高)
  • PD-L1陽性の腫瘍および炎症性細胞の割合情報
  • 固形がんとstromaのバランスの情報
  • フォローアップデータ、変異情報
  • 同一ドナー由来のRNA/DNA
    ※在庫が流動的であるため事前リスト提供不可となります。

FFPE組織マイクロアレイについて

FFPE組織マイクロアレイ
  • メーカーのホームページからカタログ情報を入手可能 (ドナー情報は問合せ要)
  • がん免疫薬開発のバイオマーカー探索に特化
  • 浸潤がん境界部ー腫瘍中心部でのセット採取品あり
  • がん浸潤リンパ球評価 (低、中、高) の製品あり
  • 疾患関連変異、マーカー陽性などの情報あり
  • 免疫染色関連データ (CD3, CD4, CD8, CD20, Foxp3, CD137, PD-L1, PD-1など)

提供可能な検体情報一覧

  • 提供可能がん種の例
    原発性がん
    転移性がん
    再発がん (臨床データ付き)
    標準治療後がん、難治性がん
    検体のデジタル画像
  • 提供可能がん組織
    乳がん ER+ 胃がん 非小細胞肺がん
    乳がん HER2+ 肝臓がん 卵巣がん
    膀胱がん 頭頸部がん 前立腺がん
    TN乳がん メラノーマ 腎臓がん
    大腸がん 非ホジキンリンパ腫 その他
  • 原発-転移のセット例 標準治療前後の検体
    TN乳がん 非小細胞肺がん
    膵がん 前立腺がん
    非小細胞肺がん 大腸がん
    大腸がん 胃がん
    膀胱がん 乳がん
    胃がん メラノーマ
    卵巣がん DLBCL
  • 臨床情報 (追跡情報) 例
    基本情報 (ID、年齢、性別、人種)
    放射線治療履歴 (開始・終了日、用量)
    生物学的療法履歴 (開始・終了日、種類、用量)
    ホルモン療法履歴 (開始・終了日、種類、用量)
    ネオアジュバンドー化学療法 (開始・終了日、種類、サイクル、用量)
    アジュバンド療法 (実施の有無)
    化学療法 (開始・終了日、種類、用量、サイクル)
    治療停止の有無と理由、最新情報 (生存等)、その他

お見積り・ご注文について

ご依頼方法

下記のお見積り・ご注文フォームもしくは「組織・生体試料製品 見積依頼書」に必要事項を記入の上ご連絡ください。
メーカー供給可否 (必要に応じ、条件変更等のご相談をさせていただきます。) の確認後ご連絡させていただきます。

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。

受託サービスに関するお問合せ先

お問合せ窓口