TLC用呈色スプレー

ニンヒドリン・エタノール試液スプレー

TLC(薄層クロマトグラフィー)においてアミノ基を有する化合物の呈色にはニンヒドリンが用いられています。日本薬局方においては生薬マオウ(麻黄)の確認試験等にニンヒドリン・エタノール試液,噴霧用が用いられます。

当社の「ニンヒドリン・エタノール試液スプレー」は2 w/v%ニンヒドリン(エタノール(95)溶液)をスプレーにより噴霧できます。

使用例

ニンヒドリンスプレーを用いた人工甘味料の分析

対象化合物
①グルタミルバリルグリシン ②アリテーム ③アドバンテーム

  • 分析条件
    展開溶媒 クロロホルム/メタノール/酢酸/水=30/20/4/6
    混合溶液濃度 ①10 μg/μL, ②2.5 μg/μL, ③2.5 μg/μL
    展開距離 7 cm (飽和展開)
    注入量 4 μL
    TLCプレート シリカゲル70 TLCプレート-ワコー

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

TLCプレート

合成甘味料

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。