光塩基発生剤『WPBGシリーズ』

光塩基発生剤(Photo Base Generator; PBG)とは、UVの照射によってアミンなどの有機塩基を発生する化合物です。発生した有機塩基によって、エポキシ樹脂の硬化、ゾル-ゲル法などを進行させます。高分子の合成において反応開始剤として用いられ、コーティング材料、電子機器の封止剤などの分野で活用されています。

本製品は当社化成品開発部にて開発しています。化成品ホームページはこちら

特長

  • 金属の腐食、樹脂の変性がない
  • エポキシ、ポリアミック酸などの樹脂の硬化が可能
  • 酸素が反応の邪魔をしない

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。