脱保護反応試薬

合成した DNA/RNA は、固相担体を切り離しを行ったのちに、塩基部位やりん酸、2'位を保護している保護基を除去します。

DNA/RNA の合成でカップリング反応に関与させたくない反応性の置換基(アミノ基や水酸基)は保護基を導入しています。一般的に、塩基部位のアミノ基はアシル基、糖部位の 5'位水酸基は DMTr 基(ジメトキシトリチル基)、りん酸の水酸基はシアノエチル基で保護されます。5'位の DMTr 基は酸で、それ以外の保護基はオリゴ合成後、塩基性条件で除去します。

また、RNA合成の場合、2'位の水酸基を保護する必要があり、この保護基には tert-ブチルジメチルシリル基(TBDMS 基)などが用いられます。脱保護には、TABF 溶液のようなフッ化物イオンが使用されます。


【参考文献】
平尾一郎、 胡桃沢仁志編:「目的別で選べる核酸実験の原理とプロトコール 」((株)羊土社) (2011)

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

2’位の脱保護反応

塩基部位とりん酸の脱保護反応

品名 規格 容量 希望納入価格(円) コードNo.
Anhydrous Ammonia in Ethanol Solution
(20% ammonia by weight on absolute ethanol)
- 10mL 見積り CSS-3268
0.05M Potassium Carbonate in Methanol - 30mL 見積り 60-4600-30
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。