フッ素化試薬

本製品は、K2CO3およびCs2CO3などの塩基を用い、ヘテロ・酸素・窒素・硫黄原子などを、それぞれ、温和な条件下でフルオロメチル化できます。フルオロメチル基を持つ医薬品・農薬・機能性材料の創出に有用です。

特長

  • 水分や空気に対して安定で常温保存が可能な液体
  • K2CO3およびCs2CO3などの塩基を使い、マイルドな条件でヘテロ・酸素・窒素・硫黄原子をそれぞれフルオロメチル化が可能
    (適応範囲:フェノール、1級アミン、チオカルボン酸等)
  • フルオロメチル基を持つ医薬品・農薬・機能性材料の創出に有用

アプリケーション

  1. フェノールの官能基選択的モノフルオロメチル化

    フェノールの官能基選択的モノフルオロメチル化

  2. 1級アミンのモノフルオロメチル化

    1級アミンのモノフルオロメチル化

【参考文献】
  1. 和光純薬時報 テクニカルレポート, Vol.83, No.1, 6(2015).
  2. Arnaud, J., Artiaga, M., Barth, F., Hortala, L.,Martinez, S. and Roux, P. : WO 2013/087643A1.
  3. Carroll, L., Witney, T. H. and Aboaqye, E. O. :MedChemComm, 4, 653(2013).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

求電子的フッ素化剤

求核的フッ素化剤

トリフルオロメチル化剤

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。