カートに追加しました

比較表に追加しました

パラホルムアルデヒド Paraformaldehyde

電子顕微鏡用
for Electron Microscopy
規格含量 :
94.0+% (as formaldehyde)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
30525-89-4
分子式 :
(HCHO)n
適用法令 :
特化則第2類 安衛法57条・有害物表示対象物質 PRTR-1(特定) 安衛法・変異原性物質 労57-2 優先評価物質 劇-III
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
166-23251
JAN
4987481474963
100g
希望納入価格
2,700 円

20以上

販売元
168-23255
JAN
4987481474970
500g
希望納入価格
5,000 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 パラホルムアルデヒドは種々組織の固定剤として使用される。生物活性の保存の目的で、その固定力が優れている為、特に、免疫電子顕微鏡の組織の固定にPLP(periodate-lysine-paraformaldehyde)固定液として使用される。使用される濃度巾は1~8%。

電子顕微鏡用の試料固定剤は、パラホルムアルデヒド、オスミウム酸、グルタルアルデヒド及びアクロレインなどが用いられています。本品は組織の固定力と活性保持の点で優れており、主に免疫電子顕微鏡試料のPLP(periodate-lysineparaformaldehyde)固定液の調製に汎用されています。使用濃度は1%~8%です。
含量(ホルムアルデヒドとして): 94 . 0%以上、酸(ぎ酸として) :0 . 02%以下
和光純薬時報 Vol.76 No.2 p18 (2008.4)

物性情報

外観 白色の粉末
溶解性 水及びエタノールに溶けにくく、水酸化ナトリウム溶液に溶ける。
融点 121~123℃
昇華点 100℃(subl.)
引火点 70℃
発火点 370℃

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。