カートに追加しました

比較表に追加しました

(±)-フェンフルラミン塩酸塩標準品 (±)-Fenfluramine Hydrochloride Standard

高速液体クロマトグラフ用
for High Performance Liquid Chromatography
規格含量 :
98.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (氷冷輸送)
CAS RN® :
404-82-0
分子式 :
C12H16F3N・HCl
分子量 :
267.72
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
064-06121
JAN
4548995012234
100mg
希望納入価格
20,500 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 フェンフルラミンは、日本で承認されていない食欲抑制剤です。フェネチル骨格を有しており中枢神経を興奮させ、満腹中枢を刺激することによって食欲が抑制されるといわれています。近年、健康食品として販売されている錠剤や飲料などからフェンフルラミンが検出されたという事例がでてきており、問題となっています。
高速液体クロマトグラフ用
無承認無許可医薬品 分析用試薬
健康食品に「医薬品に該当する成分を配合したり、医薬品と紛らわしい効能などの表示・広告を行ったりすること」は医薬品医療機器等法で禁止されています。近年、ダイエットや強壮を標榜した「いわゆる健康食品」に医薬品が添加された無承認無許可医薬品による健康被害が発生し、問題となっています。これら問題となっている化合物の分析用標準品を発売しました。
(ANALYTICAL CIRCLE 2013.6/No.69, p19)
無承認無許可医薬品の分析に!
健康食品に「医薬品に該当する成分を配合したり、医薬品と紛らわしい効能などの表示・広告を行ったりすること」は医薬品医療機器等法で禁止されています。近年、ダイエットや強壮を標榜した「いわゆる健康食品」に医薬品が添加された無承認無許可医薬品による健康被害が発生し問題となっています。
フェンフルラミンは健康茶や中国製ダイエット食品から高濃度検出される事例が発生しています。また、N - ニトロソフェンフルラミンは、フェンフルラミンと同様、痩身を目的とした健康茶中に混入された事例があ

物性情報

外観 白色~ほとんど白色、結晶~粉末
溶解性 水に溶ける。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。