カートに追加しました

比較表に追加しました

ラボアッセイ™ アンモニア LabAssay ™ Ammonia

製造元 :
富士フイルムワコーシバヤギ(株)
保存条件 :
冷蔵 (氷冷輸送)
分子量 :
0
適用法令 :
PRTR-1 特化則第3類 安衛法57条・有害物表示対象物質 労57-2 優先評価物質 毒-II
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
633-51761
製造元
LABNH3-M1
700回用
希望納入価格
28,600 円

20以上

ドキュメント

スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

キットコンポーネント

ラインナップ

除たん白試液 100 mL/1本
発色試液A 50 mL/1本
発色試液B 25 mL/1本
発色試液C 50 mL/1本
標準液 15 mL/1本
標準液用希釈液 20 mL/1本

概要

アンモニアは主に腸内、腎臓で産生されます。生体内で産生されたアンモニアは、肝臓の尿素サイクルによって尿素に変換され尿中に排泄されます。
本品は、ペンタシアノニトロシル鉄(Ⅲ)酸ナトリウムを触媒として、フェノール、次亜塩素酸を用いたベルテロー反応を利用した比色法に基づくアンモニア測定試薬です。マウス、ラットおよびヒト血液中のアンモニア量の測定に用いることができます。マイクロプレート法および用手法での測定も可能です。

測定原理

検体に除たん白試液を加えて除たん白することにより、呈色阻害成分を除去すると同時に検体中の諸酵素を失活させます。この上清に、フェノール、ペンタシアノニトロシル鉄(Ⅲ)酸ナトリウムを加え、さらにアルカリ性としたのち、次亜塩素酸ナトリウムで酸化すると、インドフェノールを生成し青色を呈します。この青色の吸光度を測定することにより検体中のアンモニア窒素濃度を求めます。

性能

  • 検量線範囲:100~400 μg/dL(μg/100 mL)
  • 測定時間:約70 分
  • 検体量:70 μL
  • 測定波長:630 nm

標準曲線例

測定操作法

マイクロプレート法
下記に従って、反応させてください。

テスト スタンダード ブランク
最初の操作はマイクロチューブで行う
除たん白試液 除たん白試液:血液=4:1(v/v)となるように調整。 除たん白試液:標準液=4:1(v/v)となるように調整。 70μL
試料 -
よく混合する。遠心分離5000×g、4℃、15分間。以降の操作はウェル内で行う。 よく混合する。以降の操作はウェル内で行う。
上清 70 μL 混液 70 μL -
発色試液A 70 μL 70 μL 70 μL
発色試液B 35 μL 35 μL 35 μL
発色試液C 70 μL 70 μL 70 μL
各試薬をマイクロプレートに添加後、プレートミキサーでよく混合し、37 ℃で20分間加温。 よく混合し、室温*で30分間静置。
よく混合し、ブランクを対照として630 nmにおける検体及び標準液の吸光度を測定する。

* 室温:20 ℃~25 ℃

データ

添加回収試験

  • ■マウス検体

    添加量(µg/dL) 測定値(µg/dL) 回収量(µg/dL) 回収率(%)
    - 81.8 - -
    56.9 142 60.2 106
    114 205 123 108
    171 247 165 96.8
  • ■ラット検体

    添加量(µg/dL) 測定値(µg/dL) 回収量(µg/dL) 回収率(%)
    - 77.3 - -
    56.9 137 59.7 105
    114 188 111 97.5
    171 236 159 93.1

検体測定例

  • ■マウス血液 BALB/cAJc1 8W ♂

    sample No. 測定値(µg/dL)
    1 118
    2 124
    3 95.6
    4 116
    5 95
    mean 110
    SD 13.6

    (n=2)

  • ■ラット血液 Jc1:SD 8W ♂

    sample No. 測定値(µg/dL)
    1 99.3
    2 91.6
    3 90
    4 93.1
    5 97.7
    mean 94.3
    SD 4.01

    (n=2)

  • ■イヌ血漿(EDTA)

    No. Age(years) 測定値(μg/dL) mean SD CV(%)
    1 4 232 210 221 15 7.0
    2 6 194 178 186 12 6.2
    3 10 225 207 216 13 5.9
    4 12 208 196 202 8.2 4.1
    5 6 181 202 192 15 7.7
    6 11 155 175 165 14 8.6
    7 10 144 151 147 5 3.5
    8 12 156 173 164 12 7.2
  • ■イヌ血清

    No. Age(years) 測定値(μg/dL) mean SD CV(%)
    1 4 331 365 348 24 6.9
    2 6 296 323 310 19 6.2
    3 6 409 465 437 40 9.1
    4 11 367 365 366 1.6 0.4
    5 12 453 513 483 42 8.7
    6 6 349 366 357 12 3.4
    7 10 451 504 478 37 7.8
    8 4 291 323 307 22 7.2
  • ■ネコ血漿(EDTA)

    No. Age(years) 測定値(μg/dL) mean SD CV(%)
    1 0.5 191 204 197 9.4 4.8
    2 1.0 109 109 109 0.14 0.13
    3 3.0 113 119 116 4.1 3.5
    4 0.5 138 156 147 13 8.6
    5 3.0 133 137 135 2.9 2.2
    6 3.0 103 114 108 7.6 7.0
    7 0.5 129 137 133 5.8 4.4
    8 1.0 170 169 170 0.84 0.50
  • ■ネコ血清

    No. Age(years) 測定値(μg/dL) mean SD CV(%)
    1 3.0 381 366 374 11 2.8
    2 3.0 370 378 374 5.7 1.5
    3 6.0 381 342 361 28 7.8
    4 4.0 357 329 343 20 5.8
    5 6.0 249 245 247 2.9 1.2
    6 6.0 315 299 307 11 3.7
    7 1.0 403 388 395 10 2.6
    8 1.0 198 193 196 4.2 2.1

参考文献

Inokuma, K. et al. : Microb. Cell Fact., 17, 153 (2018). Widespread effect of N-acetyl-D-glucosamine assimilation on the metabolisms of amino acids, purines, and pyrimidines in Scheffersomyces stipitis

物性情報

「物性情報」は参考情報でございます。規格値を除き、この製品の性能を保証するものではございません。
本製品の品質及び性能については、本品の製品規格書をご確認ください。
なお目的のご研究に対しましては、予備検討を行う事をお勧めします。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。