溶媒

ダイオキシン類は、廃棄物の焼却過程、有機塩素化合物の⽣産過程などで非意図的に⽣成され、強い毒性を有する物質です。 ダイオキシン類の分析は、多くの異性体を高感度に分析することが求められるため、⾼分解能GC-MSが使用されます。 そのため、使⽤する溶媒に含まれる不純物としてのダイオキシン類の量はpg/L以下のものが望ましいと考えられています。当社では厳格な品質規格を有する2種類の分析⽤溶媒を取り揃えております。

■ダイオキシン類分析⽤溶媒
「⾼分解能GC/MS法」でダイオキシン類分析適合性試験を⾏った溶媒で、製品中のPCDD、PCDF、コプラナーPCB(Co-PCB)が低濃度であることを保証しています。

■残留農薬・PCB 300/5,000シリーズ
厳しい品質規格を有した300倍濃縮および5,000倍濃縮で保証された溶媒です。残留農薬、ダイオキシン類の抽出、精製に適しています。