抗体薬物複合体 (ADC) の調製に!

Genovis社 抗体薬物複合体作製キット「GlyCLICK™ ADC kit」

Genovis社は、抗体医薬研究用のバイオ医薬プロセス酵素SmartEnzymes™を開発・製造しているスウェーデン(ルンド)のメーカーで、モノクローナル抗体、ADCs(antibody drug conjugates)、Fc融合タンパク質、バイオシミラー等のバイオ医薬品の研究開発に使用できるユニークな酵素(プロテアーゼ、グリコシラーゼ)、試薬キットをラインアップしています。

GlyCLICK™はFc領域に付加した糖鎖を特異的に加水分解するGlycINATOR®による酵素反応とクリックケミストリーを組み合わせることで、Fc領域の特定部位に目的分子を修飾することができるキットです。
GlyCLICK™ ADC kitではIgGに付加できる低分子医薬品(ペイロード)の異なる2種類のキットがございます (MMAEおよびPNU)。
1キットで2mgのIgGを抗体薬物複合体(ADC)に調製できます。

プロトコル

  • 抗体分析試薬カタログ ダウンロードページへ

特長

  • 部位特異的に抗体薬物複合体(ADC)を作製
  • 強力な毒素(MMAEまたはPNU)と酵素消化を受けやすいリンカーを使用
  • 抗体が標的細胞に入ってからペイロードが放出されるため、標的外への毒性が抑制

GlyCLICK ADC kitで調製した抗体薬物複合体の概略図

親水性のリンカーが酵素による2か所の切断部位を持つことで、毒素(ペイロード)を特異的に細胞内で放出します。

細胞内での反応機構

キット内容

※到着後、コンポーネントごとに冷蔵または冷凍で保存してください(輸送は冷蔵です)

コンポーネント 数量 保管条件
Desalting Spin column, 0.5 mL, 40 K 1 4~8℃
Antibody concentrator (incl 2 collection tubes), 0.5 ml, 50 K 1 4~25℃
Desalting Spin column, 2 mL, 40 K 1 4~8℃
Immobilized GlycINATOR, microspin column 1 4~8℃
UDP-GalNAz 1 vial solid 1 4~8℃(遮光)
20× TBS pH 7.4 (0.5 M) 3 x 2 mL 4~8℃
Buffer additive 1 x 50 μL 4~8℃(遮光)
β-1,4-galactosyltransferase (Y289L) (GalT) 1 x 40 μL 4~8℃(遮光)
DBCO-modified toxin: 下記いずれか
・DBCO-Val-Ser(GlcA)-EDA-PNU (#L1-T01-200)
・DBCO-Val-Ser(GlcA)-PAB-MMAE (#L1-T02-200)
1 -25℃~-5℃ (遮光)
CaptureSelect Fc, Microspin 2 4~8℃

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

Azide活性化

ビオチン修飾

Deferoxamine (DFO)修飾

蛍光色素修飾

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。