細胞膜を低毒素で鮮明に挙動を追う

同仁化学 細胞膜染色試薬

細胞膜は細胞の内側と外側を区分する境界としての役割だけでなく、物質の選択的な透過や伝達系などの重要な役割も担っています。
また、細胞膜はエンドサイトーシスや神経細胞の軸索など動的な変化も大きいことから、細胞膜の動態を捉えることは様々な研究分野で有用です。

用途で選べる細胞膜の関連試薬
同仁化学研究所が販売している細胞膜関連試薬と、期待される用途を紹介いたします。

細胞膜染色試薬 PlasMem Bright Green, Red

特長

・ 生細胞・固定化細胞で使用できる
・ 低毒性で試薬の滞留性が高い
・ 培地に試薬を加えるだけ

他社製品との比較

低毒性、洗浄不要、長く滞留

既存の細胞膜染色試薬に対して特に要望が多かった不満を PlasMem Bright シリーズが解決します。

製品名 細胞毒性 染色後の洗浄 血清入り培地の使用 滞留性 染色後の固定化
PlasMem Bright(Green, Red 不要 24 時間 可(PFA)
S 社 製品 P 必要 不可
T 社 製品 D 必要 不可
T 社 製品 C 必要 1.5 時間 可(PFA)

※各染色試薬で染色後、神経細胞の形態変化(凝集)を比較した場合

実験例

PlasMem Bright シリーズは低毒性で色素の細胞膜滞留性が高く、生細胞や固定化細胞を用いた様々な実験で利用できます。

細胞膜の鮮明な可視化

神経細胞(SH-SY5Yより分化誘導)の形態と軸索内のミトコンドリア局在観察

  • 緑:細胞膜(PlasMem Bright Green)、青:核(Hoechst 33342)
    赤:ミトコンドリア(MitoBright LT Red)
    観察条件 PlasMem Bright Green: Ex 488 nm / Em 500-560 nm

  • 赤:細胞膜(PlasMem Bright Red)、 青:核(Hoechst 33342)
    緑:ミトコンドリア(MitoBright LT Green)
    観察条件 PlasMem Bright Red: Ex 561 nm / Em 560-700 nm

細胞膜への長期滞留性

各細胞膜染色試薬で染色したHeLa 細胞を24 時間培養したのち、それぞれの蛍光画像を比較しました。
結果、 PlasMem Bright シリーズは他社製品と比較して長時間、膜に滞留することが確認されました。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。