in vivo イメージング用発光試薬

セレンテラジンh

セレンテラジンは、アポエクオリンやRenillaルシフェラーゼの発光基質です。
セレンテラジンhは、セレンテラジンの合成誘導体です。エクオリンとの複合体の発光強度は、セレンテラジンnativeと比較した場合、10倍ほど強いと言われています。

本製品は、ウミシイタケ、コペポーダ由来のルシフェラーゼおよびイクオリンの発光基質です。また、本製品は毒性が低く、細胞膜透過性を有しております。
生物発光共鳴エネルギー移動(BRET)、Ca2+イメージング、デュアルレポーターアッセイにご活用ください。

特長

  • 独自の技術を用いて低価格を実現
  • 高品質製品
  • バルク供給可能

データ


  • 図1 化学発光を利用した指示薬
    「Nano-lantern」でマウスのがん細胞を可視化

  • 図2 セレンテラジンhとNano-lantern を用いたスペクトル

データご提供:大阪大学 産業科学研究所 永井先生

※Nano-lanternは、化学発光タンパク質と蛍光タンパク質をハイブリッド化した超高輝度化学発光タンパク質です。

参考文献

Nagai, T. et al. : Nature Communications., 3, 1262(2012).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

アカルミネTM n塩酸塩

D-ルシフェリン

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。