Negishi Cross Coupling

根岸クロスカップリング反応

有機リチウム化合物・Grignard試薬を用いたクロスカップリング(熊田-玉尾-Corriuクロスカップリング)を複雑化合物合成へと適用すると、有機金属試薬自体が持つ反応性の高さにより、副反応を生じ好ましくないケースが多々あります。塩化亜鉛(ZnCl2)へとトランスメタル化させ、有機亜鉛試薬にしてからクロスカップリングを行うと、温和な条件で反応が行えます。

反応性は一般に良好であり、アルキル(sp3)亜鉛化合物も用いることができます。官能基受容性も高い反応です。

有機亜鉛の代わりに有機アルミニウム、有機ジルコニウムを用いる反応も根岸カップリングと呼ばれます。

本記事はWEBに混在する化学情報をまとめ、それを整理、提供する化学ポータルサイト「Chem-Station」の協力のもと、ご提供しています。
Chem-Stationについて

反応機構

基本的な反応機構は他のパラジウムカップリングと共通です。(参考:J. Am. Chem. Soc., 129, 3508 (2007).)

反応例

Scabronine Gの合成1)

βヒドリド脱離が速くこれまで適用の難しかった2級アルキルハライドを用いても、クロスカップリング反応が進行する触媒系が開発されています。以下の例はFuらによって報告された不斉根岸カップリングへの展開です。2)

 

参考文献

  1. Waters, S. P., Tian, Y., Li, Y.-M. and Danishefsky, S. J. : J. Am. Chem. Soc., 127, 13514 (2005). DOI: 10.1021/ja055220x
  2. Arp, F. O. and Fu, G. C. : J. Am. Chem. Soc., 127, 10482 (2005). DOI: 10.1021/ja053751f

基本文献

  • King, A. O., Okukado, N. and Negishi, E. : J. Chem. Soc., Chem. Commun., 683 (1977). DOI: 10.1039/C39770000683
  • Negishi, E., King, A. O. and Okukado, N. : J. Org. Chem., 42, 1821 (1977). DOI: 10.1021/jo00430a041
  • Negishi, E. : Acc. Chem. Res., 15, 340 (1982). DOI: 10.1021/ar00083a001
  • Erdik, E. : Tetrahedron, 48, 9577 (1992). doi:10.1016/S0040-4020(01)81181-9
  • Knochel, P. and Singer, R. D. : Chem. Rev., 93, 2117 (1993). DOI: 10.1021/cr00022a008
  • Negishi, E. et al. : Aldrichimica Acta, 38, 71 (2005).
  • Pd-Catalyzed Cross Coupling in Total Synthesis: Nicolaou, K. C., Bulger, P. G. and Sarlah, D. : Angew. Chem. Int. Ed., 44, 4442 (2005). doi:10.1002/anie.200500368

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

パラジウム触媒に関する製品情報はこちらをご確認ください。

グリニャール試薬に関する製品情報はこちらをご確認ください。

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。