抗体医薬品、ペプチドの分析に

Genovis社 IgGグリコシラーゼ「GlycINATOR®(EndoS2)」

Genovis社は、抗体医薬研究用のバイオ医薬プロセス酵素SmartEnzymes™を開発・製造しているスウェーデン(ルンド)のメーカーで、モノクローナル抗体、ADCs(antibody drug conjugates)、Fc融合タンパク質、バイオシミラー等のバイオ医薬品の研究開発に使用できるユニークな酵素(プロテアーゼ、グリコシラーゼ)、試薬キットをラインアップしています。

GlycINATOR®はIgGのFc領域に付加されている糖鎖を特異的に加水分解するエンドクリコシラーゼです。

特長

  • IgG特異的エンドグリコシラーゼ
  • Fc領域に付加されている糖鎖を加水分解
  • ネイティブIgGの糖鎖除去にも使用可能
  • コアGlcNAcはFc領域に残存
  • ヒトIgG サブクラスおよびその他生物種由来 IgG (mouse, rat, monkey, sheep, goat, cow, horse) に使用可能
  • GlycINATOR®固定化ビーズを充填したスピンカラムとGlycINATOR® LE (Low-Endotoxin:低エンドトキシン) もラインアップ


  • ビーズ充てんカラム
    0.5 mg容量
  • ビーズ充てんカラム
    1-10 mg容量
  • ビーズ充てんカラム
    10-100 mg容量

製品選択ガイド

品名 メーカーコード 容量
GlycINATOR® (EndoS2) A0-GL1-020 2,000 Units
Immobilized GlycINATOR®
GlycINATOR®固定化ビーズを充てんしたスピンカラム
A0-GL6-010 2 x 0.5 mg
A0-GL6-025 5 x 0.5 mg
A0-GL6-050 10 x 0.5 mg
A0-GL6-100 1-10 mg
A0-GL6-1000 10-100 mg
GlycINATOR® LE
GlycINATOR®の低エンドトキシンタイプ
A0-GL8-020 2,000 Units

GlyclNATOR® (EndoS2)はHisタグを含んでいますので、酵素反応後にニッケルキレートレジンで除去できます。
GlyclNATOR® (EndoS2)は凍結乾燥品です。プロトコールに記載されている量の滅菌水に溶解してご使用ください。
ユニット定義:1ユニットは10 mM Sodium phosphate、150 mM塩化ナトリウム中でpH7.4、37℃で30分間処理した際1 μgのIgGを95%以上切断します。
由来:GlyclNATOR® (EndoS2)はStreptococcus pyogenes由来で、E. coliで発現させています。
GlycINATOR® LE:GlycINATOR® はエンドトキシンの影響を受けやすい試験向けの凍結乾燥された酵素製品です。本製品の処方はバイアルごとにエンドトキシン濃度が低く (<0.2 EU)されており、2,000 unit/vialの容量がご利用できます。

IgGグリコシラーゼ製品と既存酵素との反応性の比較

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。