SOD様活性測定キット

同仁化学 SOD Assay Kit-WST

活性酸素種(ROS:Reactive Oxygen Species)は、DNAやタンパク質と反応し、化学修飾するため、老化や発癌との関わりがあると考えられ、活発な研究が行われています。中でも活性酸素の一つであるスーパーオキシドを消去する、superoxide dismutase (SOD)およびSOD様物質が注目されています。SODは以下のスーパーオキシドの不均化反応を触媒する酵素であり、スーパーオキシドに由来する酸化ストレスを減少させる役割があります。

2O2- + 2H+ → H2O2 + O2

SOD Assay Kit-WSTは、高水溶性ホルマザンを生成するテトラゾリウム塩WST-1を使用しているため、NBT法の様なホルマザンの溶解操作は不要です。また、WST-1はxanthine oxidase(XO)と直接反応しないため、100% SOD阻害率を測定することが可能です。また96ウェルマイクロプレート対応のため、一度に多検体の測定が可能です。


特長

  • 100% SOD阻害率を測定することが可能
  • ホルマザンの溶解操作が不要で、操作が簡単
  • 一度に多検体の測定が可能
  • 高感度であり、サンプルの希釈倍率を高くすることができるため、妨害物質の影響を抑えることが可能

測定原理

測定方法

96wellプレートを用い、サンプル調製から測定まで約1時間で完了します。

測定波長:450 nm

食品の抗酸化能の測定

呼吸や様々な外的要因より発生した活性酸素の多くは、生体機能を低下させ、各種疾病の発症や老化を促進させることが分かっています。

これらのストレスに対する防御作用(抗酸化能)を持つ物質は多数報告されており、食品の持つ抗酸化能を利用した健康維持、疾病の予防に関する研究が注目を集めています。

阻害曲線例

Wavelength:450 nm

呼吸や様々な外的要因より発生した活性酸素の多くは、生体機能を低下させ、各種疾病の発症や老化を促進させることが分かっています。

これらのストレスに対する防御作用(抗酸化能)を持つ物質は多数報告されており、食品の持つ抗酸化能を利用した健康維持、疾病の予防に関する研究が注目を集めています。

参考文献・Q&A

参考文献・Q&Aについては下記 同仁化学研究所ホームページより参照ください。

http://dominoweb.dojindo.co.jp/goodsr7.nsf/View_Display/S311

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。