神経膠腫の免疫組織化学用抗体

神経膠腫(glioma)は神経細胞の支持体である神経膠細胞から発生する腫瘍です。
2016年に改定されたWHO2016においては、従来の形態学的診断に加え、分子情報による分類基準が入っています。研究によりIDH(Isocitrate Dehydrogenase)1/2遺伝子、ATRX遺伝子、TERT promoter変異、及び1p/19q共欠失などは、神経膠腫の分子診断で注目されています。
当社では野生型・変異型のIDH1及びIDH2、ATRX、TERTを認識する、免役組織染色、ウェスタンブロットに適したモノクローナル抗体を取り揃えています。

抗ATRX, モノクローナル抗体(AMab-6)

ATRX(α-Thalassemia/mental retardation syndrome X-linked)は、転写制御やクロマチンリモデリングに関与するタンパク質です。X染色体上のATRX遺伝子の変異により、ATR-X症候群の発症原因となることが知られています。
本抗体は、ヒトATRXタンパク質を認識するモノクローナル抗体です。ATRX遺伝子変異によりATRXタンパク質の発現消失が見られ、その遺伝子変異を免疫組織染色により検出するために用いることができます。

データ

乏突起膠腫[A] 及び、びまん性星状細胞腫[B]の免疫組織染色像

01223_img01.gif
検体:脳腫瘍患者病巣部パラフィン包埋切片
A:Oligodendroglioma, IDH-mutant [WHO grade Ⅱ]
B:Diffuse astrocytoma, IDH-mutant [WHO grade Ⅱ]
  切片厚:4 μm
  抗原賦活化条件:pH 9.0の溶液中、10 分間オートクレーブ後、室温40 分保管。
  クエンチ:3 %過酸化水素溶液、10分間。
  ブロッキング:5 %スキムミルク溶液、30 分間。



一次抗体:3 μg/mL 抗ATRX, モノクローナル抗体(AMab-6)
二次抗体:HRP標識抗マウスIgG(commercial product)
 検出:DAB
 対比染色:ヘマトキシリン


A:Oligodendroglioma(乏突起膠腫), IDH-mutant :
  ATRX遺伝子変異がなく、抗ATRX抗体による免疫組織染色陽性を示した。
B:Diffuse astrocytoma(びまん性星状細胞腫), IDH-mutant :
  ATRX遺伝子変異があり、ATRX発現消失している。抗ATRX抗体による免疫組織染色陰性を示した。
  正常細胞である血管内皮細胞の核は、抗ATRX抗体により染色された。





データご提供: 東北大学大学院医学系研究科 加藤幸成先生

参考文献

  1. Ogasawara, S., Fujii, Y., Kaneko, M. K., Oki, H., Sabit, H., Nakada, M., Suzuki, H., Ichimura, K., Komori, T. and Kato, Y.: “Establishment of anti-Human ATRX monoclonal antibody AMab-6.”, Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy, 35(5), 254-258 (2016).

製品概要

・クローンNo. AMab-6
・特異性 : ATRX
・免疫動物 : マウス
・アイソタイプ : IgG1・κ
・形状 : 液体 / PBS containing sodium azide.
・抗体濃度 : 約 1 mg/mL(製品ラベルに記載)
・アプリケーション : Western Blot (1 μg/mL~)
           Immunohistochemistry (1~5 μg/mL)
           ELISA (1 μg/mL~)

※実験系ごとに最適使用濃度をご検討ください。

抗TERT, モノクローナル抗体(TMab-6)

テロメラーゼは、TERT(Telomerase Reverse Transcriptase)、鋳型RNAや制御サブユニットとの複合体であり、TERTはテロメラーゼの触媒サブユニットです。生殖細胞や組織幹細胞でテロメラーゼ活性が保持される他、80~90 %の腫瘍細胞でもテロメラーゼ活性が高く保持されることが知られています。
本抗体は、テロメラーゼの触媒サブユニットであるTERTに対するモノクローナル抗体で、特に免疫組織染色に有用です。神経膠腫の一種では、TERT promoter領域の変異によりTERTタンパク質の発現が変動する事が知られています。この現象はATRX遺伝子異常と相互排他的に観察されます。TERT promoterの変異はIDH遺伝子変異、1p/19q共欠失が見られる神経膠腫のほぼ全てで見られ、またIDH遺伝子の変異が起きないタイプの神経膠腫でも見られます。

製品概要

・クローンNo. TMab-6
・特異性 : TERT
・免疫動物 : マウス
・アイソタイプ : IgM・κ
・形状 : 液体 / PBS containing sodium azide.
・抗体濃度 : 約 1 mg/mL(製品ラベルに記載)
・アプリケーション : Western Blot (1 μg/mL~)
           Immunohistochemistry (1 μg/mL~)
           ELISA (1 μg/mL~)

※実験系ごとに最適使用濃度をご検討ください。

抗IDH, モノクローナル抗体

IDH(イソくえん酸脱水素酵素;Isocitrate Dehydrogenase)は、イソくえん酸とα-ケトグルタル酸を相互に変換する酸化還元酵素です。ヒトではIDH1(細胞質型, NADP+依存性)、IDH2(ミトコンドリア型, NADP+依存性)、及びIDH3(ミトコンドリア型, NAD+依存性)の3種類が知られています。
IDH1及びIDH2遺伝子が胆管がん、急性骨髄性白血病、軟骨肉腫、骨肉腫及び神経膠腫などさまざまながんにおいて高頻度に変異が発生することが報告されています。
当社ではIDH1・IDH2及び野生型・変異型IDH1/2を認識する抗体を取り揃えています。

抗IDH1-R132H, モノクローナル抗体(HMab-1)   [製品コード:018-24081]

IDH1の変異はほぼ132位のArgに限定され、132位のArgがHisに変換されるR132Hの変異が80~90 %を占めることが報告されています。
本抗体は、132位のArgがHisに変異したIDH1-R132Hを特異的に認識する抗体です。野生型及びR132H以外の変異型IDH1を認識しません。

製品概要

・クローンNo. HMab-1
・特異性 : IDH1-R132H
・免疫動物 : マウス
・アイソタイプ : IgG1
・形状:液体 / PBS containing sodium azide.
・抗体濃度 : 約 1 mg/mL(製品ラベルに記載)
・アプリケーション : Western Blot (5 μg/mL)
           Immunohistochemistry (5~10 μg/mL)
           ELISA (1~5 μg/mL)

※実験系ごとに最適使用濃度をご検討ください。

参考文献

  1. Takano, S. et al.J. Neurooncol., 108(3), 361-373 (2012).
  2. Sabit, H. et al.Brain Tumor Pathol., 31(4), 242-246 (2014).
  3. Takano, S. et al.Brain Tumor Pathol., 32(3), 169-175 (2015).
  4. Kato, Y.: Brain Tumor Pathol., 32(1), 3-11 (2015).

抗IDH1-R132H, モノクローナル抗体(HMab-2)   [製品コード:013-26851]

本抗体は、クローンNo. HMab-1と同様にIDH1-R132Hを特異的に認識する抗体です。野生型及びR132H以外の変異型IDH1を認識しません。
本抗体は、抗原濃度や抗体使用濃度が低い条件においても感度よく使用できます。

製品概要

・クローンNo. HMab-2
・特異性 : IDH1-R132H
・免疫動物 : マウス
・アイソタイプ : IgG1・κ
・形状:液体 / PBS containing sodium azide.
・抗体濃度 : 約 1 mg/mL(製品ラベルに記載)
・アプリケーション : Western Blot (1 μg/mL~)
           Immunohistochemistry (1 μg/mL)
           ELISA (1 μg/mL~)

※実験系ごとに最適使用濃度をご検討ください。

参考文献

  1. 1.Fujii, Y. et al.Biochem. Biophys. Res. Commun., 466(4), 733-739 (2015).
  2. 2.Yamamichi, A. et al.Sci. Technol. Adv. Mater., 17, 618-625 (2016).

抗IDH1-R132S, モノクローナル抗体(SMab-1)   [製品コード:015-24091]

IDH1の変異では、132位のArgがHisではなく Cys、Ser、Gly、Leuに変換される変異も発生します。
本抗体は、132位のArgがSerに変換されたIDH1-R132Sを認識するモノクローナル抗体です。

製品概要

・クローンNo. SMab-1
・特異性 : IDH1-R132S
・免疫動物 : マウス
・アイソタイプ : IgG1
・形状:液体 / PBS containing sodium azide.
・抗体濃度 : 約 1 mg/mL(製品ラベルに記載)
・アプリケーション : Western Blot (5 μg/mL)
           Immunohistochemistry (5~10 μg/mL)
           ELISA (1~5 μg/mL)

※実験系ごとに最適使用濃度をご検討ください。

参考文献

  1. Kaneko, M. K. et al.Biochem. Biophys. Res. Commun., 406(4), 608-613 (2011).
  2. Kato, Y.: Brain Tumor Pathol., 32(1), 3-11 (2015).

抗IDH1, モノクローナル抗体 (RMab-3)   [製品コード:014-24061]

野生型/変異型IDH1を認識する抗体です。さまざまなタイプの神経膠腫由来組織切片の免疫組織染色で使用可能です。

製品概要

・クローンNo. RMab-3 ・特異性 : wild type and mutated IDH1
・免疫動物 : マウス
・アイソタイプ : IgG1
・形状:液体 / PBS containing sodium azide.
・抗体濃度 : 約 1 mg/mL(製品ラベルに記載)
・アプリケーション : Western Blot (5 μg/mL)
           Immunohistochemistry (5~10 μg/mL)
           ELISA (1~5 μg/mL)

※実験系ごとに最適使用濃度をご検討ください。

参考文献

  1. Kaneko, M. K., et al.Tohoku J. Exp. Med., 230, 103-109 (2013).
  2. Ogasawara, S. et al.Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 35(5), 254-258 (2016).

抗IDH1, ラットモノクローナル抗体(RcMab-1)   [製品コード:014-26381]

野生型/変異型IDH1を認識するモノクローナル抗体です。IDH2は認識しません。
脳切片の免疫組織染色及び脳由来サンプルのウエスタンブロットにおいてポジティブコントロール及びローディングコントロール抗体として活用いただけます。

製品概要

・クローンNo. RcMab-1
・特異性 : wild type and mutated IDH1
・免疫動物 : ラット
・アイソタイプ : IgG2a
・形状:液体 / PBS containing sodium azide.
・抗体濃度 : 約 1 mg/mL(製品ラベルに記載)
・アプリケーション : Western Blot (0.5~1 μg/mL)
           Immunohistochemistry (1~5 μg/mL)
           Immunocytochemistry(1~5 μg/mL)

※実験系ごとに最適使用濃度をご検討ください。

参考文献

  1. Ikota, H. et al.Brain Tumor Pathol., 32(4), 237-244 (2015).
  2. Kaneko, M.K. et al.Tohoku J. Exp. Med., 230, 103-109 (2013).
  3. Kato, Y. et al.Biochem. Biophys. Res. Commun., 432, 546-567 (2013).
  4. Kaneko, M.K. et al.Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 32(3), 224-228 (2013).
  5. Yamamichi, A. et al.Sci. Technol. Adv. Mater., 17(1), 618-625 (2016).

抗IDH2, モノクローナル抗体(RMab-22)   [製品コード:011-24071]

野生型/変異型IDH2を認識するモノクローナル抗体です。
変異型IDH2では、172位のArgがLys、Met、Gly及びTrpに変換される変異が生じます。
本抗体は、野生型IDH2及び変異型IDH2のIDH2-R172K/Mを認識します。IDH2-R172Wは認識しません。

製品概要

・クローンNo. RMab-22
・特異性 : wild type IDH2 and mutated IDH2 (IDH2-R172K / R172M)
・免疫動物 : マウス
・アイソタイプ : IgG2b
・形状:液体 / PBS containing sodium azide.
・抗体濃度 : 約 1 mg/mL(製品ラベルに記載)
・アプリケーション : Western Blot (5 μg/mL)
           Immunohistochemistry (5~10 μg/mL)
           ELISA(1~5 μg/mL)

※実験系ごとに最適使用濃度をご検討ください。

参考文献

  1. 1.Kaneko, M.K.et al.Biochem. Biophys. Res. Commun., 432, 40-45 (2013).

抗変異型IDH1/2, モノクローナル抗体(MsMab-1)   [製品コード:015-25691]

変異型IDH1及び変異型IDH2を認識する抗体です。野生型IDH1/2は認識しません。
変異型IDH1:IDH1-R132H/R132S/R132G 変異型IDH2:IDH2-R172M/R172S/R172G を認識する。

製品概要

・クローンNo. MsMab-1
・特異性 : mutated IDH1 (IDH1-R132H / R132S / R132G) and mutated IDH2 (IDH2-R172M / R172S / R172G)
・免疫動物 : マウス
・アイソタイプ : IgG2a・κ
・形状:液体 / PBS containing sodium azide.
・抗体濃度 : 約 1 mg/mL(製品ラベルに記載)
・アプリケーション : Western Blot (1 μg/mL)
           Immunohistochemistry (5 μg/mL)
           ELISA(1 μg/mL)
・反応性 : IDH1 R132S, R132G > R132H (WB)
      IDH2 R172G > R172S > R172N (WB)

※実験系ごとに最適使用濃度をご検討ください。

参考文献

  1. Kaneko, M.K. et al.Tohoku J.Eep. Med., 230, 103-109 (2013).
  2. Liu, X. et al.Cancer Med., 2(6), 803-814 (2013).
  3. Ogasawara, S. et al.Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 32(6), 377-381 (2013).
  4. Takano, S. et al.Brain Tumor Pathol., 32(3), 169-175 (2015).

    製品一覧

    • 項目をすべて開く
    • 項目をすべて閉じる

    関連製品一覧

    • 項目をすべて開く
    • 項目をすべて閉じる

    Loop Hybrid Mobility Shift Assay(LH-MSA法)によるBRAF遺伝子変異検出キット

    • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
    • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
    • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。