定番の分析カラム

Wakopak® Wakosil® C18シリーズ

Wakopak® Wakosil® シリーズは、完全球状多孔質シリカゲルがベースのHPLC用充てん剤を充てんしたカラムです。各種分離モードのカラム、特に逆相分配系ODS充てん剤、Wakopak® Wakosil® C18シリーズを中心に品揃えを行っています。

特長

高エンドキャッピングタイプ

当社独自の表面処理技術により、ODS化とエンドキャッピング処理をしています。酸性から塩基性の種々の 試料に対して優れたピーク形状と再現性が得られます。

  • Wakopak® Wakosil® C18タイプ(5C18, 7C18, 10C18)
    カーボン含有率20%の高保持、高分離能タイプで、特に極性が高く保持の弱い試料に有効です。

  • Wakopak® Wakosil® 5C18 AR
    酸性移動相や水リッチな条件下においてもODSのリークが最小限に抑えられ、優れた耐久性を示すポリメリックODS充てん剤です。

  • Wakopak® Wakosil® C18-200タイプ(5C18-200, 10C18-200)
    カーボン含有率が12%と低く、迅速分析が可能です。しかし分離能はWakopak®Wakosil® C18タイプとほぼ同等の値を示し高分離を維持しています。

エンドキャッピングタイプ

  • Wakopak® Wakosil® 5C18T, 5C18-200T
    ODS化後のエンドキャッピング処理は行っていますが、わずかにシラノールを残したタイプです。 配糖体や医療品など、逆相分配とわずかなシラノールの吸着を利用し分離させる場合に有用です。 中性試料については、高エンドキャッピングタイプと同様な保持特性を示します。

ノンエンドキャッピングタイプ

  • Wakopak® Wakosil® 5C18N, 5C18-200N
    シリカゲル表面に最大限のODS化をしていますが、エンドキャッピング処理は行っていません。
    Wakopak® Wakosil®-Tタイプより更にシラノールの吸着性を持たせた充てん剤です。
    また、Wakopak® Wakosil® 5C18Nは、5C18-200Nに比べてシリカゲルの物性から 残存シラノール量が多くなり、より吸着効果が高くなっています。
    位置異性体あるいは、構造の類似している化合物の分離分析に有用です。

エンドキャッピングテストの比較

エンドキャッピングテストの比較

アプリケーション

ブフォステロイドの分析

ブフォステロイドの分析

フタル酸の分析

フタル酸の分析

ロイコトリエン類の分析

ロイコトリエン類の分析

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

Wakopak® Wakosil® 5C18

高エンドキャッピングタイプ

Wakopak® Wakosil® 5C18T

エンドキャッピングタイプ

Wakopak® Wakosil® 5C18N

ノンエンドキャッピングタイプ

Wakopak® Wakosil® 7C18

高エンドキャッピングタイプ

Wakopak® Wakosil® 10C18

高エンドキャッピングタイプ

Wakopak® Wakosil® 5C18AR

高エンドキャッピングタイプ

Wakopak® Wakosil® 5C18-200

高エンドキャッピングタイプ

Wakopak® Wakosil® 5C18-200T

エンドキャッピングタイプ

Wakopak® Wakosil® 5C18-200N

ノンエンドキャッピングタイプ

Wakopak® Wakosil® 10C18-200

高エンドキャッピングタイプ
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。