2L-キラルTLCシリーズ

2L-キラルTLCシリーズはCHIRALFLASH®同様、担体に耐溶剤性があり酢酸エチルやハロゲン系溶媒を展開相に使用できます。

また市販のCHIRALFLASH® IA/IC/ID/IF各製品に対応する製品を揃えています。これまで中圧クロマト法での光学異性体分取はHPLC法で条件設定し分取を行うのが主流でしたが、2L-ChiralTLCを用いる事で簡便に条件設定を行えることから、より手軽に光学異性体が得られます。

特長

  • HPLCで行っていた中圧用キラルカラムCHIRALFLASH® の分取条件検討がTLCで可能
  • 中圧用キラルカラムCHIRALFLASH® と同じ充てん剤を用いたTLCプレートのため、その得られた条件で分取が可能
  • キラル層とシリカ層を 2 層にすることで、UVでのサンプル検出を実現
  • 条件検討に要する時間、溶媒の低減が可能
  • 担体が耐溶剤性を有しており、酢酸エチルやハロゲン系溶媒を展開相に使用可能

種類と仕様

2L-Chiral TLCはアルミシート上に薄膜2層構造の分離層を有し、キラルセレクターとシリカゲルの層で構成しています。

種類としては、試料により耐溶剤型タイプのIA, IC, ID, IFの4種類をご用意しています。

サイズは10 cm x 20 cmで用途に応じた幅にカットして使用することができます。


  • スポッティング推奨量:1 µL~5 μL
  • 検出方法:UV254 nm の照射で発色する蛍光剤(マンガン活性化ケイ酸亜鉛)をシリカゲル中に含有しています。サンプルをスポット(影)として確認する事ができます。
  • 層厚み:約270 μm
  • サイズ:200 mm(幅) x 100 mm(長さ)
  • 粒子径:キラル充てん剤 20 μm

分取条件設定例

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。