抗アシアロGM1抗体

糖脂質アシアロガングリオシドGM1(ASGM1)はウイルスに感染した際のT細胞及びナチュラルキラー(NK)細胞で発現しています。ASGM1はNKおよびCD8(+)細胞の脂質ラフト構造に局在しており、抗アシアロGM1抗体は種々のマウス及びラットにおいてNK細胞の活性を減少させるといわれています。
NK細胞を除去してNK細胞の機能解析や他種由来の腫瘍組織をマウスへ移植するために、抗アシアロGM1抗体は接種されます1)2)
ASGM1は好塩基球でも発現しており、抗アシアロGM1抗体は好塩基球の除去にも働いていると報告されています3)

参考文献

  1. Kasai M., Iwamori M., Nagai Y., Okumura K., and Tada T. : J. Immunol., 10, 175 (1980).
  2. Habu S., Fukui H., Shimamura M., Kasai M., Nagai Y., Okumura K., and Tamaoki N. : J. Immunol., 127, 34 (1981).
  3. Hideto, N., Kaori, M., Yohei, K., Yoshiyuki, M., and Hajime K., .: J. Immunol., 186, 10, 5766(2011).

特長

  • in vivoでNK細胞の活性を測定済
  • 文献使用例が多い

性状 抗アシアロGM1抗体、凍結乾燥品
免疫方法 ウシ脳組織より精製したアシアロGM1をメチル化BSA(bovine serum albumin)および
FCA(Freund’s complete adjuvant)と共にウサギに免疫
精製法 50 %硫酸アンモニウム塩析後、りん酸緩衝液(pH 7.2)を含む生理食塩水で透析する。
特異性 マウスおよびラットのNK細胞、ならびにマウス胎児胸腺細胞と反応する。
再溶解法 1mLの蒸留水で再溶解してください。希釈にはりん酸緩衝液(pH7.2)が推奨。
接種方法 マウス1匹に10~50 μLを静注する。

文献リスト

当社の抗アシアロGM1抗体は、以下の文献をはじめとするさまざまな文献で使用例があります。

  • Hudson, W. A., Li, Q., Le, C., and Kersey, J. H., : Leukemia, 12, 2029 (1998).
  • Murphy W. J., Durum S. K., Longo D. L., : PNAS, 89, 10, 4481 (1992).
  • Bentzmann S., Roger P., Dupuit F., Bajolet-Laudinat O., Fuchey C., Plotkowski C. M., Puchelle E. : Infection and immunity, 64, 5, 1582 (1996).
  • Nishikado H., Mukai K., Kawano Y., Minegishi Y., Karasuyama H. : J. Immunol., 186, 10, 5766(2011).
  • Victorino, F., Sojka, K. D., Brodsky, S. K. McNamee, N. E., Masterson, C. J., Homann, D., Yokoyama, M. W., Eltzschig, K. H., Clambey, T. E., : J. Immunol., 195, 10, 4973(2015).

in vitro における抗アシアロGM1抗体活性

00923_img01.png

抗アシアロGM1抗体にモルモット補体を加えBALB/cマウスのすい臓細胞に処理をした。NK活性はYAC-1細胞をターゲット(●)とすることによりin vitroにて測定した。
エフェクター/ターゲット比は50:1で、○は補体を処理されたBALB/cマウスのすい臓細胞のNK活性を示す。


※BALB/cマウスは、ポリ(I:C)ナトリウム塩100 μg(500 μg/mLを0.2 mL)を処理され、次の操作まで18時間通常飼育された。

in vivo における抗アシアロGM1抗体活性

BALB/cマウスへ抗アシアロGM1抗体を腹腔内注射し、ワンショット投与(エフェクター/ターゲット = 50:1)から3日後に採取されたすい臓細胞によるYAC-1細胞に対する腫瘍崩壊度を測定した。


※BALB/cマウスは、ポリ(I:C)ナトリウム塩100 μg(500 μg/mLを0.2 mL)を処理され、次の操作まで18時間通常飼育された。

コントロール:正常ウサギ血清
腹腔内注射量 腫瘍崩壊度(%)
100 μL 70.8
抗アシアロGM1抗体
腹腔内注射量 腫瘍崩壊度(%)
10 μL 7.0
25 μL 8.4
50 μL 2.0
100 μL 0.0

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。