GIP(活性型)

00856_img01.gif

GIPは糖や脂肪の摂取により十二指腸のK細胞から分泌される消化管ペプチドホルモンで、膵臓β細胞に作用してインスリンの分泌を促進します1)。 GIPには活性型GIP(1-42)と不活性型GIP(3-42)の2種類のアイソフォームがあり、GIP(1-42)はDPP-4 により血中で分解されて失活し、GIP(3-42)に代謝されます1)
本製品は、マウス血漿中の活性型GIP 量を特異的に測定可能なELISAキットです。

特長

  • 不活性型には反応せず、活性型GIPのみを測定可能(測定範囲:7.8~500 pg/mL)
  • 短時間で測定可能(測定時間:3.5 時間)
  • 必要検体量が少ない(必要検体量:25 μL)

00856_img02.png

キット構成

  • 抗体固相化プレート・・・・・・・1プレート
  • マウスGIP標準品 ・・・・・・・・1,000 pg
  • HRP標識抗体溶液 ・・・・・・・・12 mL
  • 酵素基質液・・・・・・・・・・・12 mL
  • 反応停止液・・・・・・・・・・・12 mL
  • 緩衝液・・・・・・・・・・・・・25 mL
  • 濃縮洗浄液・・・・・・・・・・・50 mL
  • プレート密閉用シール・・・・・・3 枚

参考文献

  1. Asmar. M.:Dan.Med.Bull., Feb 58, 2, B4248 (2011).
  2. Du, Q. et al.: Peptides, 70, 23 (2015).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。