プロインスリン

00854_img01.jpg

プロインスリンはインスリンの前駆体で、膵島B細胞内でアミノ酸86個からなる分子量約9,400の1本鎖の形で合成された後、分泌顆粒に移行する過程でS-S結合が形成され、さらに酵素分解によりインスリンとC-ペプチドとなります。分泌顆粒には、分解し残りのプロインスリンも10 %程度存在し、顆粒が分泌される際に共に血中に放出されます。プロインスリンの生理活性はインスリンの5~10%であると言われております。
血中のインスリンやC-ペプチドをイムノアッセイで測定すると、一般的にはこのプロインスリンも測定してしまうことになります。プロインスリンのインスリンに対する割合は、インスリン生合成過程の状況を反映している可能性があります。
本製品はマウス、ラット血清・結晶中のプロインスリンを測定可能なキットです。インスリンやC-ペプチドと交差性がなく、プロインスリンのみを特異的に測定することが可能です。

特長

  • 検量線範囲:0.156~10 pmol/mL(1.47~94.3 pg/mL)
    ※検体量 10 μLの時:0.78~50 pmol/mL(7.35~471.5 pg/mL)
  • 反応時間:約5時間
  • 微量な検体(標準操作法は10 μL)で測定可能
  • 全ての試薬が溶液タイプで即座に使用可能
  • サンプル量:標準操作法で10 μL
  • 測定波長:主波長450 nm, 副波長620 nm

キット構成

(A) 抗体固相化ウエルプレート(そのまま使用):60 wells(6×10)/1 枚
(B) 標準プロインスリン溶液(200 pmol/L)(希釈後使用):100 μL/1 本
(C) 緩衝液(そのまま使用): 60 mL/1 本
(D) ビオチン結合抗プロインスリン抗体(希釈後使用):100 μL/1 本
(E) ペルオキシダーゼ・アビジン結合物(希釈後使用):100 μL/1 本
(F) 発色液(TMB)(そのまま使用):12 mL/1 本
(H) 反応停止液(1M H2SO4)(そのまま使用):12 mL/1 本
(I) 濃縮洗浄液(10×)(希釈後使用):100 mL/1 本
・プレートシール:4枚
・取扱説明書:1 枚

交差性

動物種 対象物質 反応性及び交差率(%)
Mouse Proinsulin 100
Insulin
C-peptide
Leptin
Rat Proinsulin 100
Insulin
C-peptide
Leptin
Human Proinsulin
Insulin
C-peptide
  • 交差率は、1060 pmol/mL 濃度時
  • +:交差反応性あり、 -:検出感度未満

操作法・標準曲線例

  • 操作法

  • 標準曲線例

測定例

  • ラット検体プロインスリン測定結果

    レビス® プロインスリン-マウス/ラット 使用

    検体 mean SD N 備考
    GK, 16W, オス 3.13 1.47 8 血清, 2重測定
    CD(SD), 12W, メス 3.27 1.97 3 血清, 不断給餌, 2重測定

    単位:pmol/L     

  • マウス検体プロインスリン測定結果

    レビス® プロインスリン-マウス/ラット 使用

    マウス:BALB/c, メス, 8W, 5匹
    糖負荷:トレーランG50, 0.5 mg/g体重, 経口投与
    採血 :血清(pre,糖負荷後15 min, 30 min, 120 min)
    絶食 :12時間(pre)

バリデーションデータ

  • 精度試験(アッセイ内変動)

    検体 A B
    1 4.76 0.550
    2 4.52 0.558
    3 4.81 0.545
    4 4.44 0.585
    5 4.65 0.559
    mean 4.63 0.559
    SD 0.159 0.015
    CV(%) 3.42 2.76

    単位:pmol/mL

  • 再現性試験(アッセイ間変動)

    測定日/検体 C D E
    0日目 5.02 1.26 0.626
    1日目 4.99 1.25 0.622
    2日目 5.12 1.26 0.616
    3日目 5.09 1.28 0.633
    mean 5.06 1.26 0.624
    SD 0.060 0.013 0.007
    CV(%) 1.19 1.00 1.14

    単位:pmol/mL n=2

添加回収試験

  • 検体F
    添加量 実測値 回収量 回収率(%)
    0.00 0.231 - -
    0.206 0.432 0.201 97.6
    0.537 0.784 0.553 103
    1.59 1.70 1.47 92.5

    単位:pmol/mL n=2

  • 検体G
    添加量 実測値 回収量 回収率(%)
    0.00 5.85 - -
    1.76 7.76 1.91 109
    2.64 8.49 2.65 100
    3.08 8.93 3.17 103

    単位:pmol/mL n=2

希釈直線性試験

2血清検体を連続的に希釈用緩衝液で3段階希釈し測定した結果、直線回帰のR2は0.9990から0.9994でした。

論文リスト

富士フイルムワコーシバヤギHPから閲覧可能です。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。