抗体希釈液として使用するだけ !!ウエスタンブロッティング・ELISAの検出感度アップに

抗原抗体反応促進試薬 Immuno-enhancer

本製品は、ウエスタンブロッティング、ドットブロッティング、ELISAの抗原-抗体反応を最適化し促進する試薬です。特に反応性の低い抗体を用いた場合に効果があり、高いS/N比を得ることができます。
一次抗体反応用のReagent Aと、二次抗体反応用のReagent Bの2つから構成されており、原液をそのまま抗体希釈液として使用します。

特長

  • シグナルを増強
  • 高いS/N比
  • 特別な操作は不要。抗体希釈液の代わりに使用

製品構成

※1回の使用量が5 mLの場合の使用回数です。

2回用 10回用 40回用
Reagent A・・・ 10 mL 50 mL 200 mL
Reagent B・・・ 10 mL 50 mL 200 mL

使用法

ウエスタンブロッティング

※抗原-抗体反応を1段階で行う(標識抗体を用い直接検出する)場合は、抗体をReagent Bで希釈します。

ELISA

※一次抗体、二次抗体を使用する場合は、一次抗体をReagent Aで、二次抗体をReagent Bで希釈します。

使用例

使用例1:A549細胞ライセート中のEB1の検出

A549細胞ライセート5 μg(×1)または、10 μg(×2)をSDS-PAGE電気泳動後、ニトロセルロース膜に転写しブロッキング後にウエスタンブロットを行った。
本製品の対照として、3 %スキムミルクTBS-T溶液を用いた。


一次抗体:抗EB1,ウサギ(1:500)  2 時間
二次抗体:HRP標識抗ウサギIgG抗体(1:7,000)  1 時間
露光時間:10 秒

使用例2:HeLa細胞ライセート中のアクチンの検出

HeLa細胞ライセート(原液、1/2、1/4、1/8希釈)をSDS-PAGE電気泳動後、PVDF膜に転写しブロッキング後にウエスタンブロットを行った。
本製品の対照として、TBS-T溶液を用いた。


一次抗体:抗アクチン,ヤギ(0.5 μg/mL)  1 時間
二次抗体:HRP標識抗ヤギIgG抗体(1:10,000)  1 時間
露光時間:5 分

使用例3:Atg+およびAtg-細胞中のLC3の検出

細胞の抽出液を12.5 %SDS-PAGEで分離、PVDF膜に転写後、一次抗体をReagent Aで希釈しウエスタンブロットを行った。
対照として、1 %BSAを含む20 mmol/L Tris-HCl(pH 7.5)-0.15 mol/L NaCl-0.1 % NaN3を用いた。
二次抗体は20 mmol/L Tris-HCl(pH 7.5)-0.15 mol/L NaCl-0.05 %Tween 20で希釈した。


一次抗体:抗アクチン,ヤギ(0.5 μg/mL)  1 時間
二次抗体:HRP標識抗ヤギIgG抗体(1:10,000)  1 時間
露光時間:5 分

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。