リウマチ、組織線維化、がん研究に

抗CTGF抗体

CTGFは臍静脈と血管内皮細胞等から産生される約38kDaの分泌タンパク質です。CTGFはModule1-4の4つの部位からなり、軟骨細胞の増殖と分化、細胞間接着を制御します。がん、腎不全、肝不全、リウマチといった各種疾患に関与することも報告されています。

本製品はDNA免疫法により樹立したNative formのCTGFを認識するマウスモノクローナル抗体で、中和活性を有します。

特長

  • CTGF中和活性あり
    リウマチモデル動物(マウス)の関節炎抑制作用
  • Module1-4をそれぞれ認識する4クローン

認識部位 Clone No. 種交差性 サブクラス 適応実験 抗体濃度(初回ロット)
Module1 30D2 ヒト、マウス マウスIgG1 In vitro中和実験
in vivo中和実験
ELISA
0.8 mg/mL
Module2 2-3 ヒト、マウス マウスIgG1 in vitro中和実験 0.9 mg/mL
Module3 3-54 ヒト、マウス マウスIgG1 in vitro中和実験 1 mg/mL
Module4 4-69 ヒト、マウス マウスIgG1 in vitro中和実験 0.7 mg/mL

使用例(in vitro中和実験)破骨細胞の分化誘導抑制

実験条件
  1. ヒト全血中からPBMCsを採取し、CD14+cellを分離した。
  2. CD14+cell をα-MEM(10 %FBS添加)、M-CSF(25 ng/mL)、sRANKL(40 ng/mL)で7日間培養(37 ℃, 5 %CO2)し、破骨細胞へ分化させた。
  3. 破骨細胞はTRAP染色後に光学顕微鏡でTRAP陽性細胞数をカウントした。

結果

いずれのCTGF抗体でもCTGFによる破骨細胞の分化誘導を抑制した。

本データは順天堂大学 環境医学研究所 宮下先生、関川先生よりご提供いただきました。

使用例(in vivo中和実験)リウマチモデル動物(マウス)の関節炎抑制

関節炎指標基準
POINT 所 見
0 変化なし
1 肢の局部的な発赤。または、1本の指の腫れと発赤。
2 手、足関節の腫れ。または、2本以上の指の腫れ。
3 中程度~顕著な手、足の平の腫れ。
4 肢の顕著な腫れと発赤。硬化。

※左図のscoreは四肢の合計ポイントを示す。

実験条件

DBA/1J (Female, 7-8weeks) miceの尾部皮内に、 TypeⅡ collagen とFreund’s complete adjuvant (CFA)を等量混合したエマルジョンを100 µL/Mouseで投与し関節炎を惹起させた。

抗CTGF抗体は、免疫開始1週間前より腹腔内投与(10 mg/kg)を開始し、週1回計8回で行った。

免疫開始8週目まで週1回四肢の関節炎の評価(評価基準は上記の表を参照)を行った。

結果

抗CTGF module1抗体の投与によりリウマチモデルマウスの関節炎を抑制した。

本データは順天堂大学 環境医学研究所 野澤先生、関川先生よりご提供いただきました。

参考文献

  1. Ikawa ,Y., et al.: J. Cell Physiol., 216, 3, 680(2008).
  2. Nozawa, K., et al.: Arthritis Rheum., 65, 6, 1477 (2013).
  3. Miyashita, T., et al.: Autoimmunity., 49, 2,109 (2016).
  4. Miyazaki O, et al.: Ann. Clin. Biochem., 47, 205(2010).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。