キシレン代替品

パソクリーン

労働安全衛生法施行令等の一部改正により、キシレンは「有機溶剤中毒予防規則」の適用を受け、50 ppmの管理濃度を超える環境では女性の労働が出来なくなっております。

キシレン代替品の対策にご利用ください。

データ:(独)国立病院機構霞ヶ浦医療センター研究検査科より提供

キシレンとPathocCleanを用いた染色比較例(ヒト)

ヘマトキシリン・エオジン染色(胃)

  • 左:キシレン
  • 右:PathoClean

ヘマトキシリン・エオジン染色(卵管)

  • 左:キシレン
  • 右:PathoClean

エラスチカ・ワンギーソン染色(肺)

  • 左:キシレン
  • 右:PathoClean

過よう素酸シッフ染色(腎臓)

  • 左:キシレン
  • 右:PathoClean

マッソントリクローム染色(肝臓)

  • 左:キシレン
  • 右:PathoClean

データ:(独)国立病院機構霞ヶ浦医療センター研究検査科より提供

キシレンとPathocCleanを用いた染色比較例(マウス)

免疫組織化学染色-PCNA染色

材料:マウス乳癌、ホルマリン固定

  • 左:キシレン
  • 右:PathoClean

HE染色

材料:マウス乳癌、ホルマリン固定

  • 左:キシレン
  • 右:PathoClean

データ:大阪医科大学医学部・生命科学講座解剖学教室 柴田雅朗先生より提供

特長

1) 透徹工程
2) 脱パラフィン工程 キシレンと同性能
3) 揮発性

中間剤にはアルコール、パラフィンと相溶性のあるキシレン等が主に汎用されており、PathoCleanで代用可能です。

  • パソクリーン使用時の封入剤について、当社が取り扱っております“ソフトマウント”、ユーアイ化成株式会社が取扱っておりますUIゾールを推奨しております。
    また、武藤化学社製品:マリノールを用いた場合、白濁が生じる可能性がありますのでご注意ください。

HE染色プロトコル例

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。