マウスES細胞の培養に

StemSure® LIF, マウス, 組換え体, 溶液

マウスLIF(leukemia inhibitory factor)は、マウス白血病由来細胞であるM1細胞をマクロファージに分化誘導する因子として発見され、その後胚性幹細胞(ES細胞)の分化阻害活性を持つことが報告されました。現在、マウスES細胞の未分化能を維持させる因子として、マウスES細胞培養時に用いられています。
本品は、マウスLIFを大腸菌で発現させた組換えタンパク質です。

C末端に6×Hisタグを含みます。StemSure®シリーズは、マウスES細胞D3株を用いて、実用試験(細胞増殖試験またはコロニー形成試験)とアルカリホスファターゼ(ALP)染色を行い、細胞増殖と未分化能を品質保証した製品群です。

試験項目

  • 実用試験(マウスES細胞)
  • ALP染色(マウスES細胞)
  • 無菌試験
  • マイコプラズマ試験
  • エンドトキシン など

製品概要

  • 由来:E. coli expressed mouse leukemia inhibitory factor
  • 活性:106units/ml
  • 単位の定義:マウスES細胞株(D3株)を用いた細胞増殖促進アッセイにおいて、最大増殖度の50%の増殖度を与える量の1/20を1unitとする。
  • 使用濃度:マウスES細胞株(D3株)の培養では、終濃度1,000units/mlでのご使用を推奨します。
  • 形状:D-PBS, 1% BSA
  • 0.2μmフィルター滅菌済み
  • 保存条件:-20℃保存。融解後は2~10℃で保存し、なるべく早くお使い下さい。

データ

細胞形態・未分化マーカーの発現

1×105cells/10cm Dishで5日または6日毎に継代を11回繰返し、位相差顕微鏡(Phase)で撮影、ALP染色、免疫染色(各種未分化マーカー)、DAPI染色を行った。


<培地組成>
D-MEM + 15% KSR + 4mmol/l L-Glutamine + 2×Non-essential Amino Acid + 1×Penicillin-Streptomycin + 0.1mmol/l StemSure® 2-Mercaptoethanol + StemSure® LIF

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

StemSure®シリーズ

ヒトLIF

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。