マウスES細胞培養用無血清培地

mESF基礎培地/mESFサプリメント

本品は、マウスES細胞を培養できる無血清培地です。基礎培地にサプリメントとLIFを添加することでマウスES細胞をフィーダーフリーで培養することができます。本品は、FBSや血清代替品を使用する必要がありません。

製品ラインアップ

  • mESF基礎培地(コードNo. 136-17805)
  • mESFサプリメントセット(コードNo. 299-73301)  

mESFサプリメントA 5ml×1  

mESFサプリメントB 5ml×1(0.0078% 2-メルカプトエタノール含有)

特長

  • FBSや血清代替品を使用しない無血清培地
  • フィーダーフリー条件下で培養可能
  • 低濃度LIF下でも未分化能を維持しながら培養できる

使用方法

mESF基礎培地に各mESFサプリメントを全量とLIFを添加してご使用ください。

※注 現在使用中の培地からmESFに直接移行されるときは、生着細胞数が少なくなる可能性があります。そのため、通常の継代時より多い細胞数で播種してください。 また直接の移行が上手くいかないときには次のように馴化を行ってください。

  ① 使用中の培地で培養した細胞を使用中の培地とmESF培地を1:1で混合した培地に播種してください。

  ② その後の継代時に使用中の培地とmESF培地の混合比率を1:3, 1:7と段階的にmESF培地の使用量を増やした培地に播種してください。

マウスES細胞D3株の培養

本品を用いて、5回継代培養したマウスES細胞D3株を用い、細胞形態、細胞増殖能、未分化マーカーの発現を確認した。

《 細胞形態 》 マウスES細胞特有の光沢のあるコロニーを確認できた。

《 細胞増殖曲線 》

本品を用いての増殖曲線を下に示す。

< 培地組成 >
mESF基礎培地 + 各mESFサプリメント + 1,000units/ml StemSure® LIF

< 細胞播種数 >

7,000cells/well 

(コラーゲンコートした12wellプレートを使用)

《 未分化マーカー発現の確認 》

各種未分化マーカー(Nanog, Sox2, Oct3/4, SSEA-1)が陽性であることを確認した。

低濃度LIF下でのマウスES細胞D3株の培養

マウスES細胞D3株を用い低濃度LIF下(250, 500units/ml)で培養した。

《 コロニー形態(ALP染色)・細胞増殖曲線 》

細胞形態とその細胞増殖曲線を下に示す。

< 培地組成 >

mESF基礎培地 + 各mESFサプリメント + 250 or 500 or 1,000units/ml StemSure® LIF

< 細胞播種数 >

7,000cells/well 

(コラーゲンコートした12wellプレートを使用) 

《 ALP染色陽性コロニー率 》

いずれのLIF濃度であってもほとんどのコロニーがALP染色陽性であることを確認した。

< 培地組成 >

mESF基礎培地 + 各mESFサプリメント + 250 or 500 or 1,000units/ml StemSure® LIF

< 細胞播種数 >

500cells/well 

(コラーゲンコートした6wellプレートを使用) 

< 培養日数 > 

10日

参考文献

  • Furue, M., et al.: In Vitro Cell Dev. Biol. Anim., 41, 19-28, (2005).
  • Hayashi,Y., et al.: Stem Cells, 25, 3005-3015, (2007).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。