食品分析用

カテキン類

カテキンは、茶葉等に含まれているポリフェノールの一種です。カテキンには、抗菌・殺菌作用、抗ウイルス作用、活性酸素除去作用、抗アレルギー効果の他、脂肪を燃焼しやすくする作用や悪玉コレステロールを低下させる作用など、ダイエットやメタボリックシンドローム対策としての機能があります。
カテキンの主成分には(-)-エピカテキン、(-)-没食子酸エピカテキン、(-)-エピガロカテキン、(-)-没食子酸エピガロカテキンがあります。生の茶葉中のカテキン類のうち、主なものは(-)-エピガロカテキンガレート、(-)-エピガロカテキン、(-)-エピカテキンガレート、(-)-エピカテキンの4種類です。また加熱工程がある缶飲料などにおいては、茶葉中に存在した4種類のカテキン類それぞれがエピマー化した(-)-ガロカテキンガレート、(-)-ガロカテキン、(-)-カテキンガレート、(-)-カテキンが存在します。

テアフラビンは紅茶葉に含まれるポリフェノールの一種で、紅茶の発酵工程でカテキン2分子から生成されます。その機能はカテキンと類似しているものの、異なった点も複数あり、最近では抗インフルエンザ活性をもつ成分として注目を浴びています※1

カテキン類の定量法には、逆相カラムを用いた高速液体クロマトグラフ法、緑茶中のポリフェノールであるタンニンの比色により定量する方法、キャピラリーカラム電気泳動法を用いた分析方法等があります※2
当社ではこれらの試験などにお使いいただける、カテキン関連試薬を取り揃えています。

  • 1:食品産業新聞 2018年12月6日付より
  • 2:山本:「緑茶のカテキン類(ペットボトル中のカテキン類を含む)」,平成21年度農林水産省補助事業(食農連携促進事業)食品機能性評価マニュアル第Ⅰ集,10(2019).

構造式一覧

(+)-Catechin (-)-Epicatechin (+)-Gallocatechin
CAS RN®:154-23-4 CAS RN®:490-46-0 CAS RN®:970-73-0
C15H14O6=290.27 C15H14O6=290.27 C15H14O7=306.27
(-)-Epigallocatechin (-)-Epicatechin Gallate (-)-Epigallocatechin Gallate
CAS RN®:970-74-1 CAS RN®:1257-08-5 CAS RN®:989-51-5
C15H14O7=306.27 C22H18O10=442.37 C22H18O11=458.37
Methylated Catechin Theaflavin
CAS RN®:83104-87-4 CAS RN®:4670-05-7
C23H20O11=472.40 C29H24O12=564.49

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

カテキン類

テアフラビン類

その他カテキン類試験用試薬

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。