クロロエチレンを含む揮発性有機化合物混合標準液

平成29年4月より土壌汚染対策法の第1種特定有害物質(揮発性有機化合物)にクロロエチレン(別名:塩化ビニル又は塩化ビニルモノマー)が追加され、土壌汚染調査対象物質となりました。土壌等の試料の測定において第1種特定有害物質(揮発性有機化合物)は、まず土壌ガス調査が実施されます。この調査で使用される「土壌ガス調査に係る採取及び測定の方法(平成29年3月31日環境省告示第36号)」には、混合標準液の原液として「すべての試料採取等対象物質を1 mg/mL含む混合標準液の原液」と規定されています。

第1種特定有害物質(揮発性有機化合物)
クロロエチレン 1,1,2-トリクロロエタン テトラクロロエチレン 1,3-ジクロロプロペン
1,1-ジクロロエチレン 四塩化炭素 トリクロロエチレン 1,1,1-トリクロロエタン
ジクロロメタン シス-1,2-ジクロロエチレン 1,2-ジクロロエタン ベンゼン
trans-1,2-ジクロロエチレン

特長

  • 揮発性が高く取り扱いづらいクロロエチレンを含む14種混合標準液
  • 第1種特定有害物質(揮発性有機化合物)の混合標準液の原液として使用可能

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

※13種揮発性有機化合物混合標準液(226-02401)に「trans-1,2-ジクロロエチレン」を追加し14成分としています。

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

土壌ガス調査に係る採取及び測定の方法の他、JIS K 0125 用水・排水中の揮発性有機化合物試験方法、地下水環境基準 告示付表に掲げる方法等で使用頂ける標準液です。

混合標準液

単品標準液

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。