次世代のエネルギー研究に

ペロブスカイト型太陽電池関連試薬

太陽光発電はクリーンで再生可能なエネルギー源ですが、シリコンを基盤とした現在の太陽電池は製造工程で高温条件や真空条件が必要となるなど、煩雑な作業が多く、課題が残されています。近年、次世代の太陽電池としてペロブスカイト型太陽電池が注目されています。ペロブスカイト型太陽電池は、2009年に桐蔭横浜大学の宮坂教授の報告があり1)、現在では20%を超えるエネルギー変換効率も報告されております。

【参考文献】
1) Kojima, A., Teshima, K., Shirai, Y. and Miyasaka, T.: J.Am. Chem. Soc., 131, 6050 (2009).

データ

ペロブスカイト型太陽電池の構造図

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

正孔輸送材料

ハロゲン化メチルアンモニウム

ハロゲン化ホルムアミジン

ハロゲン化鉛

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。