ホスホニウム系縮合剤

  • アミド、ペプチドの合成で汎用的に用いられる
  • HOBt、HOAt骨格を有するものはラセミ化抑制作用の高いものが多くある
  • 反応は速やかに進行し、精製が容易[a][b]
  • 固相合成に適する非常に活性の高い縮合剤

反応例

021-17742 BOP[b]

202-21061 PyFOP

  • ホスホニウム系の PyBOP に電子吸引基 CF3 が導入された構造
  • 穏和な条件下でアミドやエステル結合を形成
  • ペプチドや核酸等の立体的に嵩高い基質に対しても性能良好
チミジンと嵩高いウリジンの縮合[ i ]

Entry Coupling agent Conc.
[mM]
Time for the formation of
75% product 90% product
1 HBTU 60 3.3 h 4.6 h
2 HATU 60 10 min 18 min
3 BOP 60 1.1 h 3.0 h
4 PyFOP 60 n.e.3) < 4 min
5 PyFOP 120 n.e.3) < 4 min
6 PyClOP 60 50% in 1.5 h
7 PyClOP/N-methylimidazole2) 60 0.5 h

1) Reaction carried out in acetonitrile/pyridine (3:1, v/v).
2) The concentration of N-methylimidazole was 0.5 M.
3) n.e. = not estimated, since no data could be collected by NMR spectroscopy before a reaction time of 4 min.

参考文献

[a] Montalbetti, C. A. G. N. and Falque, V. : Tetrahedron, 61, 10827 (2005).
Valeur, E. and Bradley, M. : Chem. Soc. Rev., 38, 606 (2009).
[b] Kim, M. H. and Patel, D. V. : Tetrahedron Lett., 35, 5603 (1994).
[c] Castro, B., Dormoy, J. R., Evin, G. and Selve, C. : Tetrahedron Lett., 14, 1219 (1975).
[d] Coste, J., Le-Nguyen, D. and Castro, B. : Tetrahedron Lett., 31, 205 (1990).
[e] Albericio, F., Cases, M., Alsina, J., Triolo, S. A., Carpino, L. A. and Kates, S. A. : Tetrahedron Lett., 38, 4853 (1997).
[f] Coste, J., Frérot, E. and Jouin, P. : Tetrahedron Lett., 32, 1967 (1991).
[g] Coste, J., Dufour, M-N., Pantaloni, A. and Castro, B. : Tetrahedron Lett., 31, 669 (1990).
[h] Ye, Y-H., Li, H. and Jiang, X. : Biopolymers (Pept. Sci.), 80, 172 (2005).
[i] Winqvist, A. and Strömberg, R. : Eur. J. Org. Chem., 1705 (2008).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。