超原子価よう素酸化剤

ヨウ素はハロゲン元素の中でも分極しやすく、電気陰性度が小さい。このため高い原子価状態を取る事ができる。

アピカル位の原子団が脱離するに伴い、安定なI価のヨウ素へと還元されるため、高い脱離能と酸化能を示す。

合成化学的に有用な III 価ヨウ素試薬(λ3-iodane)としては、以下のものが代表的である。

ヨウ素原子は V 価(λ5-iodane)や VII 価の状態もとることができる。中でも IBX や Dess-Martin 試薬、過ヨウ素酸塩などは、穏和な酸化剤として効果的に活用されている。

本記事はWEBに混在する化学情報をまとめ、それを整理、提供する化学ポータルサイト「Chem-Station」の協力のもと、ご提供しています。
Chem-Stationについて

反応機構

ヨウ素化合物の反応性は、アピカル位の超原子価結合が脱離しやすい形状をしているほど高くなる。

反応例

キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化 1)

近年ではヨウ素を触媒量に減ずるための研究開発が脚光を浴びている。



参考文献
  1. Dohi, T., Maruyama, A., Takenaga, N., Senami, K., Minamitsuji, Y., Fujioka, H., Carmmerer, S. B. and Kita, Y.: Angew. Chem. Int. Ed. 47, 3787 (2008). doi:10.1002/anie.200800464

基本文献

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

超原子価よう素酸化剤前駆体

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。