カートに追加しました

比較表に追加しました

パラジウム-フィブロイン Palladium-Fibroin

有機合成用
for Organic Synthesis
規格含量 :
Palladium2.5%
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
167-22181
JAN
4987481454002
1g
希望納入価格
6,600 円

20以上

販売元
163-22183
JAN
4987481454019
5g
希望納入価格
20,400 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

特長

  • 選択的還元が可能
  • オレフィン、アジド、ニトロ基を還元
  • cbz基、芳香族ハロゲンなどの還元を抑制

アプリケーション

Pd/Fibは絹のフィブロインに焼く2.5 %のPdが担持された触媒です。Pd/C(en)よりさらに水素還元反応に不安定な官能基の分解を抑制することが可能です。Pd/Fibを用いた選択的な接触還元では保護基であるベンジルエステル、芳香族系アミンのCbz(benzyloxycarbonyl)基、芳香族ハロゲン、芳香族系カルボニル基の還元を抑制しながら、オレフィン、アジド、ニトロなどの官能基を容易に還元することが可能です。

参考文献

  1. Yabe, Y., Sawama, Y., Monguchi, Y. and Sajiki, H. : Catal. Sci. Technol., 4, 260 (2014).
  2. 佐治木弘尚 : 和光純薬時報, 74(2), 2 (2006)
  3. 吉田雄一 : 和光純薬時報, 77(3), 13 (2009).

概要・使用例

概要 酢酸パラジウムとフィブロインが複合化した不均一触媒です。様々な官能基を選択的に接触還元することが可能です。Pd-FibはPd-CやPd/C(en)を触媒とした場合、容易に還元される芳香族カルボニル基、芳香族ハロゲン、ベンジルエステルおよび芳香族N-Cbz基に対する還元活性を示さず、これらの官能基共存下、オレフィン、アセチレン及びアジドを選択的に還元することができます。
Pd/FibPalladium-Fibroin Pd/Fib は絹のフィブロインに約2.5%のPdが担持された触媒です1)3)。すでに市販されているPd/CやPd/C(en)よりも還元活性を抑制しており、幅広い官能基間での選択的接触還元へと応用することが可能です。Pd/CやPd/C(en)を触媒として用いた場合に容易に還元されるベンジルエステル2)、芳香族系アミンのCbz (benzyloxycarbonyl)基2)、芳香族ハロゲン1)、芳香族カルボニル基1)等を保持したまま、オレフィン、アセチレン、アジド、ニトロ等の官能基を還元します3)4)。また、反応後は濾過するだけで簡単に除去することができます。 (Wako Organic Square No.16, p6 (2006.3))
選択的還元触媒Palladium Catalysts Series
【特長】
●選択的還元が可能
●発火性が少ない
パラジウム-フィブロイン
Pd/Fibは絹のフィブロインに約2.5%のPdが担持された触媒です。これは化学選択的な接触還元反応することが可能で、反応後は濾過するだけで簡単に除去することができます。また、Pd/C(en)よりさらに水素還元反応に不安定な官能基の分解を抑制することが可能です。Pd/Fibを用いた選択的な接触還元では保護基であるベンジルエステル、芳香族系アミンのCbz (benzyloxycarbonyl)基、芳香族ハロゲン、芳香族系カルボニル基の還元を抑制しながら、オレフィン、アジド、ニトロなどの官能基を容易に還元することが可能です。
Wako Organic Square No.27, p.6 (2009.3)
和光純薬時報 Vol.74 No.2, p4 (2006.4)
Palladium-Fibroin
Pd/Fib は絹のフィブロインに約2.5%のPdが担持された触媒です。これは化学選択的な接触還元反応することが可能で、反応後は濾過するだけで簡単に除去することができます。また、Pd/C(en)よりさらに水素還元反応に不安定な官能基の分解を抑制することが可能です。Pd/Fibを用いた選択的な接触還元では保護基であるベンジルエステル、芳香族系アミンのCbz (benzyloxycarbonyl)基、芳香族ハロゲン、芳香族系カルボニル基の還元を抑制しながら、オレフィン、アジド、ニトロなどの官能基を容易に還元することが可能です。
Wako Organic Square No.26, p10 (2008.12)
使用上の注意 不活性ガス封入

物性情報

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。