カートに追加しました

比較表に追加しました

メロペネム三水和物 Meropenem Trihydrate

遺伝子研究用
for Genetic Research
規格含量 :
98.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (氷冷輸送)
CAS RN® :
119478-56-7
分子式 :
C17H25N3O5S·3H2O
分子量 :
437.51
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
133-15671
JAN
4987481474451
1g
希望納入価格
10,500 円

20以上

販売元
139-15673
JAN
4987481474468
5g
希望納入価格
45,000 円

15

販売元
137-15674
JAN
4987481474475
10g
希望納入価格
88,000 円

13

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 メロペネム系抗生物質。薬理作用研究や植物の遺伝子組換え実験に使用できる。植物の遺伝子組換え実験において、アグロバクテリウム法を採用する実験では、アグロバクテリウムの除菌工程でカルベニシリンやクラフォランがよく用いられている。本品は、カルベニシリンより、1/5の濃度で充分なアグロバクテリウムの除菌効果が得られる。その後の植物体再分化への悪影響はほとんどない。使用濃度:50μg/ml。ストック溶液濃度:10mg/mL(滅菌水で溶解後フィルター滅菌)。ストック溶液(10mg/mL)を凍結融解すると白色の沈殿が現れることがあるが、30℃で温めれば問題なく使用できる。
遺伝子組換え植物作出効率における悪影響はないことを確認している。
使用上の注意 不活性ガス封入

物性情報

外観 白色〜うすい黄色, 結晶性粉末〜粉末
溶解性 水にやや溶けにくく、エタノール(95)及びジエチルエーテルにほとんど溶けない。
比旋光度 -17~-21゜(d/20℃)(c=0.5,H2O)(calculated on the dehydrous basis)

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。