カートに追加しました

比較表に追加しました

アフラトキシンG1標準品 Aflatoxin G1 Standard

マイコトキシン試験用
for Mycotoxin Assay
規格含量 :
98.0+% (HPLC), 98.0+% (qNMR)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (氷冷輸送)
CAS RN® :
1165-39-5
分子式 :
C17H12O7
分子量 :
328.27
適用法令 :
毒素類
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
018-23501
JAN
4987481619708
5mg
希望納入価格
102,000 円

12

注意事項 :
◎生物・毒素兵器の製造、使用防止のため、「毒素等」を試験研究用に使用することを確認する証が必要です。

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 マイコトキシン類分析用標準品
マイコトキシンとは、カビが産生する二次代謝産物で、人または家畜の健康を損なうカビ毒(有害物質)の総称。一般に数百種類のマイコトキシンが認められており、本品は、ビスフラン環とクマリン化合物が結合した構造を持つアフラトキシン類の一種。アスペルギルス属が産生するカビ毒で、肝細胞癌を引き起こす原因物質として知られている。
マイコトキシン試験用
アフラトキシン標準品
平成23年3月31日付で通知された食品衛生法の改正により、アフラトキシンの規制対象物質はアフラトキシンB1から総アフラトキシン(アフラトキシンB1、B2、G1 及びG2 の総和)に変更となりました。本品は高純度のアフラトキシン標準品で、従来のHPLC含量保証に加え、定量NMRによる含量保証をしております。定量用標準品として安心してご使用いただけます。
■特 長
●定量用標準品として最適
●残留溶媒の低減
●HPLCに加え、定量NMRによる含量保証(98.0%以上)
(ANALYTICAL CIRCLE 2013.3/No.68, p8)
マイコトキシン試験用
アフラトキシン標準品
平成23 年3 月31 日付で通知された食品衛生法の改正により、アフラトキシンの規制対象物質はアフラトキシンB1 から総アフラトキシン(アフラトキシンB1、B2、G1及びG2 の総和)に変更となりました。本品は、高純度のアフラトキシン標準品で、従来のHPLC 含量保証に加え、定量NMR による含量保証をしております。定量用標準品として安心してご使用いただけます。
特 長
●定量用標準品として最適
●残留溶媒の低減
● HPLCに加え、定量NMR による含量保証(98 . 0%以上)
(和光純薬時報 Vol.81, No.1(2013), p15)

物性情報

外観 白色~うすい黄色、結晶性粉末~粉末
溶解性 ジクロロメタンに溶ける。「溶解性情報」は、最適溶媒が記載されていない場合がございます。

「物性情報」は参考情報でございます。規格値を除き、この製品の性能を保証するものではございません。
本製品の品質及び性能については、本品の製品規格書をご確認ください。
なお目的のご研究に対しましては、予備検討を行う事をお勧めします。

製造元情報

別名一覧

  •  
     
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。