マイコトキシン試験用

アフラトキシン類分析用標準品・標準液

アフラトキシン類は、穀類、落花生、ナッツ類、とうもろこし、乾燥果実などに寄生するアスペルギルス属(Aspergillus)の一部のカビが産出するカビ毒(マイコトキシン)であり、食品から検出される主要な4種類(B1、B2、G1、G2)について総アフラトキシンとして食品衛生法で規制されています。

また、アフラトキシンM1は、アフラトキシンB1の水酸化誘導体で、アフラトキシンB1に汚染された飼料を摂取した動物の乳から検出されることがあるため、乳に含まれるアフラトキシンM1について規制値が設けられています。

特長

  • 自社の精製技術により、高純度化を実現
  • 残留溶媒を低減
  • HPLCに加え、定量NMRによる含量保証(98.0%以上)

アプリケーション


当社では高純度のアフラトキシン標準品をご用意しております。従来のHPLCによる含量保証に加え、定量NMRによる含量保証をしております。各種マイコトキシン標準品と合わせてぜひご活用ください。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

標準液

※記載されている製品は、生物・毒素兵器の製造、使用防止のため「毒素等」を試験研究用に使用することを確認する証が必要な製品を含みます。

各種マイコトキシン試験用標準品

※記載されている製品は、生物・毒素兵器の製造、使用防止のため「毒素等」を試験研究用に使用することを確認する証が必要な製品を含みます。

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

分析用カラム

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。