カートに追加しました

比較表に追加しました

抗マウス TRPA1 ポリクローナル抗体 Anti Mouse TRPA1 Polyclonal Antibody

製造元 :
(株)トランスジェニック
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
抗原由来動物 :
Mouse
免疫動物 :
Rabbit
種別 :
Polyclonal
適用 :
WB, IP
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
302-33621
製造元
KM120
JAN
4987481630017
200μL/vial
希望納入価格
51,450 円

ドキュメント

スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 痛み刺激や温度受容のメカニズムの研究に
【TRPチャネル関連抗体】
 TRPチャネルは、痛みを伴う侵害受容や温度受容に関わる複数膜貫通型のイオンチャネル型受容体の一つです。1989年の発見以降、さまざまな細胞機能に関わることが明らかとなっています。TRPチャネルが活性化する刺激の一つとして、温度刺激がありますが、温度刺激は 43 ℃以上や 15 ℃以下で痛みを伴うことが知られています。また、前述の他にさまざまな刺激によってTRPチャネルが活性化されることが明らかとなっています。
 高温や低温受容体は感覚神経細胞に多く見られます。代表的な受容体であるTRPV1 は熱(43 ℃以上)、カプサイシンといった侵害刺激によって活性化されるほか、りん酸化によりチャネル機能が増強されます。また、TRPV2 は 50 ℃を超える高温で活性化されます。TRPA1 は痛みを感じる低温やシナモンアルデヒドなどにより活性化されます。また、約 30 ℃で活性化される TRPV4 は皮膚の表皮細胞などに多く見られ、低浸透圧刺激や機械刺激による痛み、炎症に関与しています。
 なお、TRPV2については、近年の研究で上記温度受容体としての働きの他、物理的刺激による神経細胞の伸展に関与していることが明らかとなっており、神経細胞解析の糸口として、大きな注目を集めています。
 温度刺激、侵害刺激 (熱刺激、冷刺激、機械刺激、化学刺激) 、物理刺激などの分子メカニズムの研究に、弊社TRPチャネル関連抗体シリーズを是非ご利用下さい。
(Wako BioWindow DEC.2015 / No.141, p5)

物性情報

抗体情報

抗原名 TRPA1
抗原別名 TRPA1
transient receptor potential cation channel, subfamily A, member 1
Transient receptor potential cation channel, subfamily A, member 1 (TRPA1)
ANKTM1
TRPA1 - transient receptor potential cation channel, subfamily A, member 1
TRPA1 (ANKTM1)
TRPA1 (ANKTM1, trpa-1)
標識 Unlabeled

製造元情報

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。