カートに追加しました

比較表に追加しました

RNase インヒビター RNase Inhibitor

製造元 :
(株)ニッポンジーン
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
315-08121
製造元
315-08121
JAN
4987481636736
2000units
希望納入価格
16,400 円

9

ドキュメント

スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

概要・使用例

概要 本品は、ラット肺由来の RNase Inhibitor を組換え大腸菌で発現させたもので、RNase A、RNase B、RNase T2 のRNase 活性を阻害します。

RNase による RNA の分解が問題となる様々なアプリケーションにおいて、酵素反応液中に本品を加えることで RNA を保護することができます。
本品は RNase を阻害しますが、一般的に使用される酵素反応は阻害しません。

使用方法 酵素反応系 20 μl あたりのRNase Inhibitor 添加量の目安を示します。

1 Step RT- PCR: 5 - 10 units /20 μl
2 Step RT- PCR: 25 - 50 units /20 μl
in vitro transcription: 20 units /20 μl

*: RT-PCRにおいて、反応液中にRNaseの混入が疑われる場合は、より高濃度で使用することもできます。


物性情報

外観 20 mM HEPES-KOH , 50 mM KCl , 8 mM Dithiothreitol , 50%(v/v) Glycerol , pH7.6
起源 組換え大腸菌
活性 40 units/μl

1 unit は、5 ng の RNase A 活性の 50% を阻害するために必要な活性とする。活性は、cyclic 2, 3´-CMP の加水分解の阻害能として測定される。
ph情報 活性pH範囲: 5.0 - 9.0
温度情報 活性温度範囲: 25 - 55ºC
(60ºCでも部分的な活性は有する)
(65ºC以上の加熱で不活化する)

純度 本品は、エンドヌクレアーゼ活性、ニッキング活性、リボヌクレアーゼ活性のコンタミネーションの有無について、検証されている。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。