ニュース

新製品情報HOT!

ライフサイエンス医薬品 製造・品質管理

新型コロナウイルス感染症重症化因子の可能性のある遺伝子を検出

独自技術を応用したインターカレーターを用いたリアルタイムPCRにより、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の重症化因子の1つである可能性が示唆されている遺伝子変異を簡易かつ高感度に検出する「α1-アンチトリプシン遺伝子変異 (PiS、PiZ) 検出キット」を研究用試薬として2021年4月26日に発売しました。

α1-アンチトリプシン遺伝子変異(PiS、PiZ)検出キット製品画像

α1-アンチトリプシン (AAT) は、肝臓で合成される糖タンパク質で、血流を介して肺内に拡散され、肺胞壁の障害を防ぐ作用があり、血中のAATが欠乏すると、慢性閉塞性肺疾患を発症につながります。

AATの欠乏は、AATの遺伝子変異によって引き起こされます。AATの代表的な遺伝子変異は「PiS」、「PiZ」の2種類で、いずれもCOVID-19の重症化危険因子の1つである可能性が報告されており、AAT遺伝子変異の有無を確認することは、COVID-19感染症の疫学調査の一助になると考えられています。

AATの遺伝子変異は、従来ゲノムシークエンスや蛍光標識プローブを使用したリアルタイムPCRで検出されていますが、試薬が高額であったり、試験プロセスが煩雑で結果判定までに時間がかかるなどの課題がありました。

「α1-アンチトリプシン遺伝子変異(PiS、PiZ)検出キット」は、インターカレーターを用いたリアルタイムPCRに当社が新たに開発した独自技術を採用し、簡易かつ高感度にAATの2種類の遺伝子変異を検出する遺伝子検出キットです。従来、インターカレータ―法は試薬コストが低いというメリットの一方で、ノイズが多くターゲット以外の遺伝子を検出しやすいという問題もあり、遺伝子点変異の検出には不向きでしたが、当社は独自設計のプライマーと最適なDNA増幅酵素を組み合わせることで、ノイズを低減し、高感度検出を実現しました。

本キットは、「PiS」と「PiZ」を検出するためのDNA増幅酵素とプライマー、インターカレーター色素をセットにしたキットで、2種類のAAT遺伝子変異の有無を検出します。唾液や、口腔粘膜、鼻咽頭ぬぐい液を直接検体に用いることができ、汎用のPCR装置で約100分で判定結果が得られます。

製品詳細はこちら

α1-アンチトリプシン遺伝子変異 (PiS、PiZ) 検出キット