ニッピ 低エンドトキシン コラーゲン・ゼラチン

ニッピ社は世界をリードするコラーゲン研究のパイオニアとして、半世紀以上にわたりコラーゲンの研究を行っています。独自の製法を用いることで、エンドトキシン濃度を低く抑えたコラーゲン試薬とゼラチン試薬の開発に成功しました。ニッピ社では、これら試薬をお使いいただいた基礎研究から、臨床研究使用へ向けたご相談・各種対応までサポート可能です。

エンドトキシンとは

グラム陰性菌の細胞壁を構成するリポ多糖です。Lipopolysaccharide とも呼ばれ、通称LPSと呼ばれています。エンドトキシンは代表的な発熱物質 (pyrogen) であり、pg (10-12g) や ng (10-9g) という微量でも血中に入ることで、発熱や炎症などの種々の生体反応を引き起こします。またエンドトキシンは耐熱性が非常に高く、完全に失活させるためには250℃以上で30分以上の乾熱滅菌が必要となり、ひとたび混入してしまうと除去することは容易ではありません。したがって生体内に直接投与される医薬品や医療機器、そして再生医療等製品においては、原材料からのエンドトキシン持ち込みを最小限にすることが重要となります。

低エンドトキシンコラーゲン

ブタ真皮からペプシンにより抽出した未変性のコラーゲンで、ニッピ社独自の製法によりエンドトキシンを大幅に低減させています (100 EU/g以下)。製造工程中にウイルス不活化工程及びフィルターろ過工程を含むため、in vivo研究用途に適しています。液状品以外にも様々な形態 (粉末や線維シート等) でご提供可能です。

また本製品は研究用ですが、臨床用途につきましてもご相談可能です。お問い合わせください。

特長

  • 原料はSPF豚から採取したブタ真皮を使用
  • ペプシンによりアテロ化したアテロコラーゲン
  • 低エンドトキシン (100 EU/g 以下)
  • ウイルスクリアランス試験を実施済み
  • 原料を0.2 μmフィルターろ過後、クリーンルーム内にて製造
  • 0.45 μmフィルターで最終ろ過済み
  • 特注にて、粉末や繊維シートでのご提供も可能

用途

  • 細胞の2D/3D培養基材
  • エンドトキシンが影響する実験系の足場材
  • ドラッグデリバリー (DDS) 基材の研究用途

製品ラインアップ

低エンドトキシンブタ真皮由来スキンコラーゲン (ペプシン可溶化) 5 mg/mL

  • PSMC-S-200-100 (100mL)
  • PSMC-S-200-20 ( 20mL)

製品分析データ

1. 電気泳動によるコラーゲンの分析

精製後のコラーゲン (製品) を Laemmli の方法 (Nature 227, pp680-685(1970)) に準じて電気泳動を行った結果、製品は純度の高いI型コラーゲンである (95%以上)。

2. 変性温度の測定

製品を5 mM 酢酸にて0.1 mg/mL の濃度に溶解した後、0.25 ℃/min の速度で20 ℃ から50 ℃ に昇温した時の221 nm における円偏光二色性 (circular dichroism) の分子楕円率の変化を円二色性分散計 (日本分光.JASCO J600) を用いて測定した。

  • 変性温度: 42.2 °C

3. アミノ酸組成分析およびコラーゲン純度測定

製品を 6 N 塩酸で 110 ℃,24時間,加水分解後,アミノ酸分析機 (Hitachi L-8900) を用いて各アミノ酸の含量を測定した。また、得られたHypの量からコラーゲン量を算出し、全タンパク質中のコラーゲン純度を求めた。

  • Amino Acid The number of amino acid residue
    per 1,000 residues
    Hyp 99.1
    Asp 44.5
    Thr 16.3
    Ser 31.8
    Glu 70.7
    Pro 122.9
    Gly 335.5
    Ala 113.1
    Cys 0.2
    Val 23.6
    Met 4.8
    Ile 9.8
    Tyr 1.2
    Phe 11.7
    Hyl 7.7
    Lys 29.3
    His 5.0
    Arg 51.8
    Pro + Hyp 222.0
    Lys + Hyl 37.0
    Hyp % 44.6
    Hyl % 20.8
  • コラーゲン純度: 96.0 %

低エンドトキシン ゼラチン

ゼラチンは、コラーゲンタンパク質の特徴的な3本鎖らせんの立体構造を変性させてネイティブなコンフォメーションを解いたものです。線維性コラーゲンは、変性すると比較的溶けやすい性質に変化します。ニッピ社のクリーンルームを利用して製造する低エンドトキシンの医療用ハイグレードゼラチン、メディゼラチンシリーズを取り扱っております。豚皮由来です。注射剤用安定剤、ドラッグデリバリー基剤、再生医療などに幅広く応用可能です。

特長

  • 豚皮由来
  • 凍結乾燥品
  • 製造工程中にてフィルター滅菌実施 (0.2 μmフィルターろ過済み)
  • 低エンドトキシン (10 EU/g 以下)
  • マクロファージ (マウス由来) のNO産生に対する各種ゼラチンの影響

  • 各種ゼラチン製品の分子量分布

HMG-BP: ニッピ社低エンドトキシンゼラチン製品 (メディゼラチン HMG-BP)

製品ラインアップ

メディゼラチン HMG-BP

  • ブタ皮アルカリ処理ゼラチン
  • ゲル化可能 (250g以上の高ゼリー強度)
  • 等電点 (pI):おおよそ 5
  • 製造工程中にウイルス不活化工程を含む
  • 皮内反応試験陰性/抗原性試験陰性
  • 1 g, 5 g包装品: 日本薬局方「精製ゼラチン」規格適合
  • 40 g包装品: 日本薬局方「製造専用」医薬品適合 (原薬等登録原簿登録済み (228MF40025))

ハイグレードゼラチン・シリーズ

APAT
  • ブタ皮酸処理ゼラチン
  • 中程度の分子量 (約60kDa) の非ゲル化ゼラチン
  • 日本薬局方「精製ゼラチン」規格適合
AP
  • ブタ皮酸処理ゼラチン
  • 低分子量 (約8kDa) の非ゲル化ゼラチン
  • 注射用安定剤として実績あり
  • 1 g, 10 g包装:日本薬局方「精製ゼラチン」規格適合
  • 100 g包装:日本薬局方「製造専用」医薬品適合

参考文献

“メディゼラチン HMG-BP”

  1. 局所止血剤:ゼラチン2層シート
    Takagi T, Tsujimoto H, Torii H, Ozamoto Y, Hagiwara A. Two-layer sheet of gelatin: A new topical hemostatic agent. Asian J Surg. 41, 124-130 (2018) PubMed PMID: 27816406
  2. 骨膜由来CD90陽性細胞の培養基材
    Kim YK, Nakata H, Yamamoto M, Miyasaka M, Kasugai S, Kuroda S. Osteogenic potential of mouse periosteum-derived cells sorted for CD90 in vitro and in vivo. Stem Cells Transl Med. 5, 227-234 (2016) PubMed PMID: 26718647
  3. 癒着防止材:熱架橋を施したゼラチンフィルム
    Tsujimoto H, Tanzawa A, Miyamoto H, Horii T, Tsuji M, Kawasumi A, Tamura A, Wang Z, Abe R, Tanaka S, Yamanaka K, Matoba M, Torii H, Ozamoto Y, Takamori H, Suzuki S, Morita S, Ikada Y, Hagiwara A. Biological properties of a thermally crosslinked gelatin film as a novel anti-adhesive material: Relationship between the biological properties and the extent of thermal crosslinking. J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 103, 1511-1518 (2015) PubMed PMID: 25449656
  4. ステントグラフト(自己拡張型人工血管)移植における徐放剤
    Watanabe Y, Miyagawa S, Fukushima S, Daimon T, Shirakawa Y, Kuratani T, Sawa Y. Development of a prostacyclin-agonist-eluting aortic stent graft enhancing biological attachment to the aortic wall. J Thorac Cardiovasc Surg. 148, 2325-2334 (2014) PubMed PMID: 25224552
  5. 歯根膜線維芽細胞、間葉系間質細胞、初代骨細胞の培養基材
    Rungsiyanont S, Dhanesuan N, Swasdison S, Kasugai S. Evaluation of biomimetic scaffold of gelatin-hydroxyapatite crosslink as a novel scaffold for tissue engineering: biocompatibility evaluation with human PDL fibroblasts, human mesenchymal stromal cells, and primary bone cells. J Biomater Appl. 27, 47-54 (2012) PubMed PMID: 21343214

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

低エンドトキシンコラーゲン

低エンドトキシンゼラチン

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

低エンドトキシンコラーゲン

低エンドトキシンゼラチン

エンドトキシンフリー・ピペットチップ

エンドトキシンフリーのチップです。γ線照射済み。

その他ニッピ社製品

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。