自動化された抗体サブユニット分析に

Genovis社 磁気ビーズ標識IgGプロテアーゼ「FabRICATOR® MagIC」

Genovis社は、抗体医薬研究用のバイオ医薬プロセス酵素SmartEnzymes™を開発・製造しているスウェーデン (ルンド) のメーカーで、モノクローナル抗体、ADCs (antibody drug conjugates)、Fc融合タンパク質、バイオシミラー等のバイオ医薬品の研究開発に使用できるユニークな酵素 (プロテアーゼ、グリコシラーゼ)、試薬キットをラインアップしています。

FabRICATOR®はIgGヒンジ領域直下を切断するプロテアーゼで、F(ab')2とFcの調製に最適なIgGプロテアーゼです。

本製品「FabRICATOR® MagIC」はFabRICATOR® (IdeS)を磁気ビーズに固定化させており、最大96種の抗体を同時に高速自動消化できます。

特長

  • サンプル調整の自動化によりスループットを向上
  • 自動化フロー使用でF(ab‘)2とFcを20分で調製
  • 最大96サンプルを同時に調製

抗体切断の自動化フロー

IgG、FabRICATOR® MagICおよびPBSをワークフローに従い96ディープウェルプレートに分注
(1), (2):FabRICATOR® MagICビーズをPBSのウェルに移し、平衡化
(3):ビーズを回収
(4):抗体サンプルにビーズを添加
(5):混合しながら37℃で10〜20分間インキュベート
(6):ビーズを回収・除去
(7):サンプルウェルには精製されたF(ab ’)2およびFcが残る
⇒分析へ

凍結乾燥FabRICATOR® (手動)、トリプシンを使用したペプチドマッピングとの比較

FabRICATOR® MagICを使用したサブユニットの生成

モノクローナル抗体サンプルは、FabRICATOR® MagICでの消化後 (中央のパネル)、5 mM TCEPの存在下でのFabRICATOR® MagICでの消化後 (下のパネル)、無処理 (上パネル) でそれぞれ逆相LC-MSによって分析した。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

IgGプロテアーゼ「FabRICATOR®(IdeS)」

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。