FUJIFILM Irvine Scientific社

間葉系幹細胞 分化培地

PRIME-XV MSC 分化培地は、軟骨細胞・脂肪細胞への最適分化誘導用として処方されたready-to-use 処方の無血清完全培地です。

特長

  • 様々なタイプの幹細胞のロバストな分化誘導
  • MSC の多分化能を検証済
  • スケーラブルな組成は、cGMP 準拠施設で製造されており低コスト
  • スケールアップ製造をサポートする、特注培地と特注包装製造が可能
  • cGMP製造品

製品ラインアップ

  • PRIME-XV CHONDROGENIC DIFFERENTIATION XSFM
  • PRIME-XV ADIPOGENIC DIFFERENTIATION SFM

カタログp.6-7をご覧ください。

PRIME-XV CHONDROGENIC DIFFERENTIATION XSFM

異種動物成分不含 (Xeno-free)、軟骨細胞分化用無血清培地です。

安定した軟骨形成

ヒト脂肪組織由来MSCs を、PRIME-XV Chondrogenic Differentiation XSFM で分化させました。(A) は分化後5 日目の分化した細胞塊の位相差像、(B) は20 日目の軟骨形成性ペレットのアルシアンブルー染色を示します。

軟骨細胞外マトリックスの発現は、免疫組織化学染色によって確認できました。20 日目スフェロイドの凍結切片で、アグリカン (赤) およびII 型コラーゲン (緑) が検出できます (C)。核はDAPI で対比染色しました (青)。

PRIME-XV ADIPOGENIC DIFFERENTIATION SFM

脂肪細胞分化用無血清培地です。

効率的に脂肪分化を誘導

ヒト脂肪組織由来MSCs をPRIME-XV Adipogenic Differentiation SFM で20 日間分化させ、オイルレッドO (A) で染色することで、脂質性液胞 (赤) の存在が確認できました。

培養細胞はFABP-4 (赤) でも染色されました (B、C)。核はDAPI で対比染色しました。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

間葉系幹細胞 分化培地

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。