超高純度ヒト間葉系幹細胞(REC)

banner_PuREC_campaign.png

超高純度ヒト間葉系幹細胞(REC)は、フローサイトメトリーと選択的マーカーを用いた細胞分離方法によって得られた間葉系幹細胞(MSC)になります。通常の接着法で得た間葉系幹細胞とは異なり、RECは一切の夾雑細胞を含まず、長期間の培養増幅が可能です。
一定期間の培養後も分化・遊走能は継代後期でも維持されますが、不死化していないため、継代数が上がると徐々に細胞老化によって増殖能が失われます。凍結細胞として長期保存は可能ですが、長期培養には適しておりませんので、ご注意ください。

特長

超高純度ヒト間葉系幹細胞(REC)は、間葉系幹細胞に求められる性質をすべて満たしています。

  • 増殖性:未分化性を失わずに自己増幅する機能
  • 分化能:多種多用な細胞に変化することのできる機能
  • 遊走性:体内を循環し適切な場所へ移動し生着する機能
  • 用途:骨疾患・免疫疾患・慢性的な炎症性疾患など、治療の難しい疾患を治癒に導く作用
  • 移植方法:従来型の局所移入だけでなく全身性移入が可能

技術紹介

ヒト骨髄に存在する高品質MSCの同定と分離方法開発

研究責任者の松崎教授らは、文部科学省・再生医療の実現化プロジェクトを通じてLNGFR (CD271) Thy1 (CD90)の2種の抗体を用いることで、極めて効率よくヒトMSC を選別することができることを明らかにし、骨髄・末梢血・胎盤絨毛膜・歯髄からセルソータを用いてヒトMSC を直接分離する技術を開発しました。

参考文献

Mabuchi, Y., Satoru, M., Seiko, H., Kunimichi, N., Sadafumi, S., FrancoisRenault, M.,Diarmaid D., H., Chihiro, A., Hideyuki, O., Yumi, .:Stem Cell Reports, 1, 152(2013)


このLT細胞を96穴プレートに単一細胞分離後(B)に各ウェルの増殖速度を比較すると、2週間後にコンフルエントになる増殖が速いクローン(Rapidly Expanding Clone: REC)と、それ以外(Medium/Slow: MEC/SEC)に分類されます(C)。

A:ヒト骨髄中のMSCはLNGFR Thy1 共陽性分画(LT細胞)に存在する
B:LT細胞の単一細胞分離
C:LT細胞を単一培養して得たMSCクローンは増殖速度の差によって3つのグループに分類できる

A:REC の細胞形態はサイズが小さく均一である
B:SA-β-gal で染色されない新鮮な細胞である
C:RECの大部分が増殖期にある細胞マーカーであるKi67陽性である
D:骨分化・脂肪分化共に良好である
E:実験動物への経静脈投与後、肺毛細血管に補足された細胞が認められない

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。