同仁化学 グルタチオン定量キット

グルタチオン(γ-L-glutamyl-L-cysteinylglycine)は生体内に存在するトリペプチドで、glutathione peroxidase、glutathione S-transferaseおよびthiol transferase等の酵素基質として抗酸化や薬物代謝などに関与しています。グルタチオンは通常、生体内で還元型(GSH)として存在しているが、酸化ストレスなどの刺激によって還元型(GSH)から酸化型(GSSG)に変換されるため、GSHとGSSGの比率が酸化ストレスの指標として注目されています。
同仁化学では高感度にtotal glutathioneを定量可能な「Total Glutathione Quantification Kit」および酸化型グルタチオン(GSSG)、還元型グルタチオン(GSH)の分別定量が可能な「GSSG/GSH Quantification Kit」をラインアップしています。

Total Glutathione Quantification Kit

グルタチオンは、下記の酵素リサイクリング法によって高感度に検出されます。
5,5‘-Dithiobis(2-nitrobenzoic acid) (DTNB)はジスルフィドを分子内に含有し、グルタチオンを酸化すると同時に自身は5-Mercapto-2-nitrobenzoic acidに還元されます。このチオールの吸光度(λmax=412 nm)よりグルタチオンを定量することができます。
Total Glutathione Quantification Kitは、この酵素リサイクリング法を利用した96穴マイクロプレート用キットです。短時間(30分以内)で、高感度にtotal glutathioneを定量することが可能です。

測定原理

特長

  • 高感度にtotal glutathioneを定量可能(検出範囲:6.25~100 μmol/L)
  • 一度に多検体の測定が可能

キット構成

(100 tests)
・Substrate(DTNB)
・Enzyme Solution
・Coenzyme
・Buffer Solution
・Standard GSH
:2本
:50 μL x 1本
:2本
:50 mL x 1本
:1本
キット以外に必要な物

・20 μL, 200 μLマルチチャンネルピペット
・インキュベーター
・プレートリーダー(405 nmあるいは415 nmフィルター)
・96穴マイクロプレート
・5-スルホサリチル酸(SSA)

操作方法

1. 各ウェルにCoenzyme working solutionとBuffer solution, Enzyme Working solutionを入れ、5分間インキュベートする。 2. GHS standard solutionおよびサンプル溶液を各ウェルに入れ、10分間インキュベートする。 3. Substrate working solutionを各ウェルに入れ、10分間インキュベートする。 4. マイクロプレートリーダーで各ウェルの405~415 nmの吸光度を測定する。

※詳細は取扱説明書をご参照ください。


参考文献
  1. O. W. Griffith,"Determination of Glutathione and Glutathione Disulfide Using Glutathione Reductase and 2-Vinylpyridine", Anal. Biochem., 106, 207(1980).
  2. M. E. Anderson, "Determination of Glutathione and Glutathione Disulfide in Biological Samples", Methods in Enzymol., 113, 548(1985).
  3. M. A. Baker, G. J. Cerniglia and A. Zaman, "Microtiter Plate Assay for the Measurement of Glutathione and Glutathione Disulfide in Large Numbers of Biological Samples", Anal. Biochem., 190, 360(1990).
  4. C. Vandeputte, I. Guizon, I. Genestie-Denis, B. Vannier and G. Lorenzon, "A Micrototer Plate Assay for Total Glutathione and Glutathione Disulfide Contents in Cultured/isolated Cells: Performance Study of a New Miniaturized Protocol", Cell Biol. Toxicol., 10, 415(1994).
  5. S. A. McGrath-Morrow and J. Stahl,"Inhibition of Glutamine Synthetase in A549 Cells During Hyperoxia", Am. J. Respir. Cell Mol. Biol., 27, 99(2002).
  6. T. Sato, K. Seyama, Y. Sato, H. Mori, S. Souma, T. Akiyoshi, Y. Kodama, T. Mori, S. Goto, K. Takahashi, Y. Fukuchi, N. Maruyama and A. Ishigami, "Senescence Marker Protein-30 Protects Mice Lungs from Oxidative Stress, Aging, and Smoking", Am. J. Respir. Crit. Care Med., 174, 530(2006).
  7. M. L. Mulhern, C. J. Madson, A. Danford, K. Ikesugi, P. F. Kador and T. Shinohara, "The Unfolded Protein Response in Lens Epithelial Cells from Galactosemic Rat Lenses", Invest. Ophthalmol. Vis. Sci., 47(9), 3951(2006).

GSSG/GSH Quantification Kit

本製品には、GSHを隠蔽するためのマスキング剤が含まれており、マスキング剤をサンプルに添加することでサンプル内のGSHのみを隠蔽することができます。その後、酵素リサイクリング法を用いたDTNB[5,5‘-dithiobis (2-nitrobenzoic acid)]発色(λmax=412 nm)を測定することで、GSSGのみを定量でき、別途、測定した総グルタチオン量からGSSG量を差し引くことでGSH量を求めることが可能です。

測定原理

特長

  • 酸化型グルタチオン(GSSG)、還元型グルタチオン(GSH)の分別定量が可能
  • 短時間で簡便に多検体の測定が可能

キット構成

(200 tests)
・Enzyme Solution
・Coenzyme
・Buffer Solution
・Substrate (DTNB)
・Standard GSH
・Standard GSSG
・Masking Reagen
:50 μL x 1本
:2本
:60 mL x 1本
:4本
:1本
:1本
:20 μL x 1本
キット以外に必要な物

・20 μL, 200 μLマルチチャンネルピペット
・インキュベーター
・プレートリーダー(405 nmあるいは415 nmフィルター)
・96穴マイクロプレート
・5-スルホサリチル酸(SSA)
・エタノール

操作方法

1. GSSG, GSH Standard solutionおよびSample AあるいはSample Bを各ウェルに入れる。 2. Buffer solutionを各ウェルに入れ、37℃で1時間インキュベートする。 3. Substrate working solution, Coenzyme working solutionとEnzyme working solutionを各ウェルに加える。 4. 37℃で10分間インキュベート後、マイクロプレートリーダーで各ウェルの吸光度を測定する。

※詳細は取扱説明書をご参照ください。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。