ニッポンジーン in situ ハイブリダイゼーション試薬

in situ ハイブリダイゼーション(ISH)法は、スライドガラスに固着させた組織切片上で核酸-核酸ハイブリダイゼーションにより、特定の核酸の局在性部位を決定する方法です。特にRNAプローブを用いたISH法は、シグナル/ノイズ比の改良に大変有用です。しかし、RNAプローブを用いる場合は、操作中での混入や試料中に存在するRNaseにより組織切片のmRNAやRNAプローブ自体が分解され易いので、注意深い実験操作が要求されます。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

in situ ハイブリダイゼーション試薬セット

in situ ハイブリダイゼーション試薬単品

in situ ハイブリダイゼーション練習キット

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。