SILAC用アミノ酸

SILAC(Stable Isotope Labeling using Amino Acids in Cell Culture)法は、複雑なタンパク質サンプル中のタンパク質の同定と発現量の比較定量を可能とする手法です。細胞培養時に安定同位体標識されたアミノ酸を代謝的にタンパク質に導入したサンプルを調製し、質量分析計によりタンパク質の同定と定量を行います。

当社では、13Cあるいは15Nでラベルされた塩基性アミノ酸を4品目販売しています。

規格例

品目 アミノ酸 L-アルギニン塩酸塩 L-リシン一塩酸塩
ラベル 13C6, 15N4 13C6 13C6, 15N2 13C6
試験項目 規格値
外観 白色~うすい黄色、結晶性粉末~粉末 白色~わずかにうすい黄色、結晶~粉末または塊
13C化率 99atom%以上 98atom%以上
15N化率 99atom%以上 99atom%以上
薄層クロマトグラフィー試験 試験適合 (純度99 %以上相当)

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

MS用染色キット

ゲル内消化酵素

高純度マトリックス

MALDI-MS用キャリブラント

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。