ゲル染色試薬(その他)

ネガティブ染色、ポンソー染色、アミドブラック染色用の製品です。

Negative Gel Stain MS Kit

SDS-PAGE後のゲル中タンパク質をネガティブに染色するキットです。本製品でゲルを染色すると、ゲルが白濁し、タンパク質は染色されません。
タンパク質が色素の修飾を受けないため、MS解析やペプチドマスフィンガープリントに適しています。
タンパク質の限界検出量はおよそ5 ngです。

キット構成

  • 染色液A・・・500 mL x 1 本
  • 染色液B・・・500 mL x 1 本
  • 脱色液・・・500 mL x 1 本

染色方法

  1. SDS-PAGE後のゲルを染色液A 25 mLの入った透明な容器に浸し5~10 分間振とうする。
  2. 蒸留水 50 mLで5~10 秒間 x 3 回洗浄する。
  3. 染色液B 25 mLを加え、黒い紙の上で染色像を確認しながら約10~60 秒間振とう染色する。
  4. 蒸留水で1 分間 x 3 回洗浄する。

脱色方法

  1. 脱色液 25 mLを加え、ゲルが透明になるまで約5 分間振とうする。
  2. 蒸留水 50 mLで1 分間 x 3 回洗浄する。
    ※脱色後ウエスタンブロットできます。この場合、ウエスタンブロットの操作法に従ってくだささい。

Ponceau 3R、Ponceau-3R Stain Solution

ウエスタンブロットにおける総タンパク質の可逆的染色、セルロース・アセテート膜電気泳動法による血清タンパク質の染色に使用します。

使用方法

ウエスタンブロットで本製品を使用する場合

  1. 染色:「0.1 w/v%ポンソー3R, 5 v/v%酢酸」溶液もしくはポンソー3R染色液で、タンパク質転写後のメンブレンを浸し、バンドが見えるまで(2-10 分間程度)振とうする。
  2. 脱色1:水、PBS-T、TBS-Tなどのいずれかでバックグラウンドが下がるまでメンブレンを振とうする(5 分間前後)。必要であれば、ここで画像を撮影する。バックグラウンドが気にならなければ本ステップは不要。
  3. 脱色2:メンブレンを0.1 mol/L NaOH中で、完全に脱色されるまで(30-60 秒程度)振とうする。
  4. 洗浄:水で2 分間程度振とうする。
  5. メンブレンをブロッキングし、抗体反応へ進む。

Amido Black 10B

メンブレンに転写したタンパク質や器具に付着したタンパク質の検出に使用します。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。