操作が簡単なタンパク質定量用試薬

プロテインアッセイブラッドフォード試薬

本製品は、溶液中のタンパク質濃度をBradford法を用いて測定するために使用されるクーマシーブリリアントブルー(CBB)G-250を含む溶液です。酸性条件下でCBBがタンパク質と結合すると最大吸収波長が465 nmから595 nmにシフトします。この吸光度の変化により溶液中に含まれるタンパク質濃度を測定できます。なお、測定試料に界面活性剤が含まれていても、ある一定濃度以下であれば測定に影響を及ぼすことはありません(下記、共存物質の影響をご参照ください)。

測定範囲での使い分け例

測定結果例 (1) (2) (3)
使用器具 test tube test tube microplate
測定範囲 100 ~ 1,000 µg/mL 6.25 ~ 100 µg/mL 0.78 ~ 25 µg/mL
測定サンプル量 10 µL 20 µL 150 µL
本製品 500 µL 380 µL 150 µL
反応時間 室温で10分間静置
測定波長 595 nm
  • 測定範囲に応じて、測定サンプル量と本品の混合比率をご検討下さい。

測定結果例

共存物質の影響

本製品を用いてタンパク質濃度を測定するとき、試料溶液中の下記物質の存在が表示濃度以下であれば、測定結果に影響を及ぼさないことを確認しています。

物質 濃度
CHAPS 5 %
Triton X-100 0.1 %
Tween 20 0.1 %
SDS 0.025 %
NP-40 0.1 %
エタノール 10 %
グリセロール 20 %
メタノール 10 %

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

タンパク質定量試薬

タンパク質標準液

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。