唾液からのヒトDNA採取・保存キット

協同インターナショナル Oragene®・Discover

Oragene®・Discoverは、唾液から高品質のヒトDNAを簡単に採取・長期室温保存できるキットです。 綿棒による口腔内細胞や爪、毛髪からでは十分な量のDNAを回収できない、DNA回収のための血液提供の合意が得られにくいといった臨床遺伝研究、検査、難病・遺伝患者だけでなくその血縁者を含めたコホートスタディに携わる研究者の方々にもお勧めです。

特長

  • 唾液から精度の高いDNAの採取が可能
    [分子量 >23 kb、細菌由来のDNA混合割合:11.8 %(中央値)]
  • 十分なDNA採取量
    [唾液2 mLから110 μg(中央値)を採取]  ※DNA採取量には個人差があります。
  • 室温で数年間保存可能
  • 検体採取もDNA精製も簡単
  • 検体輸送に便利
  • 次世代シークエンサーなど、様々なダウンストリームアプリケーションに対応

ラインアップ

チューブタイプ OGR-500
コンパクトな容器で、輸送、持ち運びに便利!
ハイスループットプロセスに対応し、スムーズにDNA解析が行えます。

スポンジ付キット OGR-575
お子様やお年寄りなど、唾液の採取が困難な方のために。
唾液採取量は、0.75 mLです。

検体(唾液) 採取方法

OGR-500の場合
“Fill line” の位置まで唾液を入れる。(2 mL) 白いキャップを閉めると、保存溶液と唾液が混ざる。 ロートをチューブから外す。 付属のキャップを閉め、保存溶液と唾液をよく混ぜる。
そのまま室温で保存することが可能。

DNA採取方法の比較

口腔採取法 血液採取法
採取方法 Oragene® マウスウォッシュ 口腔内細胞綿棒 血液
DNA採取量(中央値) 110 μg/2 mL 35 μg/10 mL 2 μg/swab 6 μg/200 μL
分子量 > 23 kb > 23 kb < 23 kb > 23 kb
室温での安定性 数年 数週間 数日 数週間
採取法の安全性 安全 安全 安全 技術を要する
採取による感染の危険性 なし あり あり あり
細菌由来のDNA混入割合(中央値) 11.8 % 50~60 % 80~90 % < 1 %

DNAの精製

※精製溶液は別売 (製品コード:632-23901)をご利用ください。

PCR、マイクロアレイ、
次世代シークエンス、などの解析へ
検体(唾液)を採取。 インキュベート後
精製溶液を加える。
遠心分離で
不純物を取り除く。
エタノール沈殿で
DNAを回収。







Oragene®にて唾液を採取し、24℃、37℃、50℃の温度下で
それぞれ 0日、61日、187日間保存した後のDNA抽出の結果。

唾液採取してから長期間室温保存後DNA抽出を行ってもDNAの状態にはほとんど影響が見られません。

サンプル申込

Oragene® & OMNIgene® サンプル提供中

これからOragene® やOMNIgene® をご検討されるお客様に無償サンプルの提供を行っています。
サンプルをご希望の方は、サンプル申込書に必要事項を記入の上、当社営業・販売代理店にお渡しいただくか、もしくはFAX(03-3270-8547)にてお送りください。

注意事項

  • 1研究室・1グループにつき同一製品のサンプル申し込みは、1回とさせていただきます。
  • 1製品の最大提供数量は、4キット(1回用 × 4) までとなっています。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

Oragene®・Discover

Oragene®・Discover (スポンジ付き)

Oragene® 精製溶液

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

Oragene®・RNA(ヒトRNA用)

OMNIgene®・ORAL(口腔内フローラDNA・RNA用)

OMNIgene®・VAGINAL(膣内フローラDNA・RNA用)

OMNIgene®・GUT(腸内フローラDNA用)

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。