ニッポンジーン ECOS™ Competent E.coli

ECOS™ Competent E.coliは大腸菌のコンピテントセルです。2004年の発売以来、長年多くのお客様にご愛顧いただいています。

本製品はヒートショック後の回復培養が不要(*1)なため、短時間で形質転換を行うことができます。またDH5α、JM109、XL1-Blueではクローニング部位がlacZ遺伝子中にあるベクターDNAを用いて形質転換を行った際にblue/white選択を行うことができます。

*1:セレクションにアンピシリンを使う場合にのみ有効。

形質転換の時間を大幅短縮

特別な製法で調製したECOS™は薬剤にアンピシリンを使用する場合、回復培養を省略して短時間で形質転換を行うことができます。またプラスミドのサイズが6kb以下の場合、1分間プロトコルから42℃のヒートショックを省くこともできます。

ECOS™ Competent E.coliの操作手順

ヒートショック省略プロトコルでの形質転換効率

実験条件

プロトコル (ECOS™ 1分間プロトコルを改変)
  1. 氷上でECOS™ Competent E.coliを溶解
  2. 冷却したプラスミド溶液またはライゲーション溶液を添加
  3. ボルテックスで1秒撹拌
  4. LBプレートに塗布
  5. 37℃でインキュベート
使用サンプル

2.7kb pUC19プラスミドDNA
7.5kb pUC系プラスミドDNA (インサート:約5kb)

結果

ヒートショックを省略しても、1分間プロトコルと同様の形質転換効率が得られました。

ECOS™ Competent E.coliはヒートショックを省略しても形質転換を行うことが可能です。
(ただし抗生物質がアンピシリンのときのみ)

お客様の声

2016年度 トライアルキャンペーンの結果

2016年度に実施しましたECOS™ シン・プロトコル体験キャンペーンでは、お客様にヒートショック省略プロトコルを体験していただきました。

その結果、アンケートにご回答いただいた45名の内、93%の方が「非常に満足」または「満足」と回答しています。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

DH5α

JM109

XL1-Blue

BL21(DE3)

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

その他 大腸菌コンピテントセル

ライゲーション・クローニングキット

クローニングベクター

プレーティングビーズ

回復培養用培地

ブルーホワイトセレクション試薬

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。