DYKDDDDK tag

DYKDDDDK融合タンパク質の精製、検出用に抗体、抗体結合ビーズ、ペプチドをラインアップしております。

アプリケーションデータ

ウエスタンブロッティングでの特異性比較

データ提供元
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 附属難治ウイルス病態制御
研究センター 分子ウイルス感染研究分野 草野秀一先生

3 x DYKDDDDKタグ融合タンパク質Aの発現プラスミドをHEK293細胞株にトランスフェクションし、24時間培養後、ランダムにクローンを選抜した。

選抜したクローンの細胞をRIPA Bufferで溶解し、得られた細胞溶解液を用いてWestern Blotを行い、3 x FLAGタグ融合タンパク質を検出した。

一次抗体としてWako(clone No. 1E6)(製品コード:018-22381)抗体およびA社抗体をWestern Blotに用いた。

Wako(clone No. 1E6)抗体はA社抗体と比較して、より特異的にDYKDDDDK配列を認識可能

ウエスタンブロッティングでの感度比較

Lane 1:293T細胞溶解液
Lane 2:タンパク質A-DYKDDDDKを一過的に発現させた293T細胞溶解液
Lane 3:タンパク質B-DYKDDDDKを一過的に発現させた293T細胞溶解液
ブロッキング:5 %スキムミルクを含むTBS-T, 4 ℃一晩 抗体反応 2hr, 室温
発光試薬:イムノスター®LD
検出:LAS-3000、露光時間15分

Wako 1E6-HRPはA社製品より高感度

抗DYKDDDDK tag抗体アガロースビーズの抗原回収性能

A社製品と同等以上の抗原回収性能を確認

溶出方法

DYK:DYKDDDDKペプチドによる競合溶出
SDS:2% SDSによる変性溶出

使用担体量

抗DYKDDDDKタグ抗体ビーズ(Wako):20 µL / assay
A社 Affinity Beads:20 µL / assay

抗原添加量

DYKDDDDKタグ融合タンパク質を含む大腸菌細胞溶解液:20 mg / assay

免疫沈降条件

4 ℃、3時間

溶出方法

150 µg/mL DYKDDDDKペプチド(製品コード:044-30951):20 µL / assay → 4 ℃、30分間インキュベート
2 % SDS sample buffer 添加量 20µL / assay → 5分間煮沸。

SDS-PAGE

サンプル泳動量:10 µL

検出

銀染色

DYKDDDDKタグ融合タンパク質(約19kDa)を過剰発現させた大腸菌ライセートを調製し、本製品とA社製品で免疫沈降後、DYKDDDDYペプチドで抗原溶出を行った。得られた抗原サンプルをSDS-PAGEにより分離し、銀染色により、抗原回収効率を比較した。

抗DYKDDDDK tag抗体磁気ビーズの反応性

タグの位置に依存せず組換えタンパク質の回収が可能

各種DYKDDDDKタグ融合タンパク質を細胞溶解液にそれぞれ添加し免疫沈降後、ウエスタンブロッティングにより抗原回収量を比較しました。

4 % SDSサンプルバッファーで溶出してSDS-PAGE後、ウエスタンブロットを行いペルオキシダーゼ標識抗体(製品コード:015-22391)を用いて発光検出しています。

M:マーカータンパク質
Met:N-terminal Met-DYKDDDDK-BAP
N:N-terminal DYKDDDDK-BAP
C:C-terminal DYKDDDDK-BAP

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

抗DYKDDDDK tag, モノクローナル抗体

標識抗DYKDDDDK tag, モノクローナル抗体

抗DYKDDDDK tag抗体ビーズ(アガロースビーズ)

抗DYKDDDDK tag抗体ビーズ(磁気ビーズ)

DYKDDDDK tag ペプチド

DYKDDDDK tag-BAP ペプチド

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。